名刺 交換 順番。 上司に同行する際の名刺交換のビジネスマナー

名刺の渡し方/受け取り方マナー|正しい向き・交換の順番・姿勢

そこで下の図で 複数 対 複数の 名刺交換の順番の考え方を整理してください。 また、不要になった名刺については、捨てるのではなく シュレッダーにかけるなどの配慮が必要です。 社会人になって、名刺を持ち歩くようになった方は多いと思います。 一方、社外の人については非常に簡単です。 それであれば【X社はあなたの会社よりも目上の会社】という事になります。

>

名刺交換の基本マナーとは? 名刺の渡し方・受け取り方を徹底解説

相手の会社のロゴや氏名などに自分の指がかからないように注意も必要です。 実は、初対面の相手は、細かい所も見ていたりするわけです。 名刺をしまうタイミングは決まったものはありませんが、一般的に、 商談や打ち合わせが終わるころを見計らってしまうのが望ましいです。 名刺をテーブル越しに渡す 名刺を忘れた時は「切らしておりまして」を使う なんでも正直が良いとは限りません。 また、名刺交換の時には、相手の親指に必ず目が行きます。 「自社の役員」と「取引先の部長」• 名刺を置き忘れない 複数人で名刺交換をする際の順番 複数の人と名刺交換をする際は、役職の高い人から順に名刺交換をするのが基本です。

>

ビジネスで好感を持たれる正しい名刺交換のマナー・方法ガイド

名刺を粗雑に扱われることがあるが、その行動を見てびっくりしない• 名刺入れの向きも名刺交換のマナー 名刺盆のかわりに名刺入れを使うときは、名刺入れの向きにも注意してください。 必ず上記にもあるように、「切らしています」といった言い回しをし、大事な相手であれば後で送るぐらいのことは必要になるので忘れないでおきましょう。 「鞄の内ポケットの右から何番目」のように、 収納場所を決めておくのがオススメです。 また、名刺入れをズボンなどの後ろポケットに入れておくと、名刺入れごと変形し、名刺が折れてしまうこともあります。 想定以上に複数人の相手と名刺交換した後の訪問や、名刺発注が追い付かなかった場合など、やむをえないときもあるかもしれませんが、名刺切れは極力発生しないよう注意が必要です。 そして「(会社名)(部署・役職)の(氏名)です。

>

基本が大事!今さら聞けない名刺交換のマナーとは《ビジネスマナー》

複数で名刺交換をする場合、「目下から渡すのが基本であれば複数の場合でもそれが当てはまる?」と思い込んで、上司よりも先に名刺を渡してはいけません。 【手順7】 名刺を頂くときに「頂戴します」と挨拶する。 実際には持ってくるのを忘れていたのだとしても「切らしておりまして」で乗り切りましょう。 名刺交換のマナーその6<名刺の管理> 出典: 商談や打ち合わせが終わった後も、名刺入れの中に先方の名刺が入れっぱなしという状態はやめましょう。 ただし、名刺交換の順番が少し複雑になります。 その際、相手の名刺の社名やロゴを指で隠さないようにするのがマナーです。 本来のマナーとしては失礼にあたりますが、 時間がかかる場合や、バタバタしている場面では、 部下同士で先に名刺交換をしてしまうこともあり得ます。

>

名刺の渡し方/受け取り方マナー|正しい向き・交換の順番・姿勢

(6)左手で受け取ったら右手を添え、両手に持ちかえて「頂戴いたします」と言葉を添えます。 ただし相手がさらに下から差し出してきた場合、「いやいや」とどんどん下に下がっていくのはNG!その場合には、相手を同じ程度の位置に調整して交換しましょう。 名刺を受け取る• ですので、 名刺交換は、上司が相手の一番偉い人と始め、その時の部下は待機です。 名刺が途中で切れたりしないように、最低でも常に10枚は名刺入れに入れておくようにしましょう。 また、名刺交換後の話の最中に、相手の名刺を不必要に触ってはいけません。 最近では、同時に名刺交換を行うことが主流になってきています。 それゆえに、間違ったやり方を続けてしまって、知らないうちに損をし続けているという人もいるかもしれません。

>

名刺交換のマナーと渡す順番!同時の時はどうするの?

名刺交換の基本とは 名刺交換は、自分の所属や役職を相手に示すと同時に『はじめましての挨拶』の役割も備えています。 名刺を並べる 自分から見て 左斜め前に相手の名刺を置きます。 名刺の受け取り方 相手に名刺を渡されたら、自分の名刺入れをお盆にして両手で受け取り、 「頂戴します」と一言添えます。 相手に近づき、名刺を取り出します。 3 お互いが複数人だった時の順番 お互いが複数人の時の順番です。 。

>

名刺の渡し方/受け取り方マナー|正しい向き・交換の順番・姿勢

だが、職場で使用するツールの使い方や業務上必要なタスクを先輩社員からレクチャーされることはあっても、ビジネスマナーをイチから教えてもらった機会がある社会人は少ないはずだ。 基本は「相手の名前を覚えたらしまう」ですが、現場ではテーブルに置いた名刺を名刺入れにしまう動作は、会議や商談がそろそろ終わるという合図になることが多くあります。 そして名刺交換の場は、会社を代表した自己紹介の場でもあります。 また、よくあるのが相手方の誰が一番偉くて、その次は誰?と 序列がわからないことがあります。 相手より先に受け取るのは失礼にあたります。

>

名刺交換のマナーに自信がないなら…出し方や順番をおさらい!

その場の雰囲気によって柔軟に判断します。 受け取ったら、まずはその場で軽く名刺を見るようにしましょう。 部署や役職が変わったばかりの場合は、最新の名刺になっているかもチェックが必要です。 2012• 主に、名刺を受け取るときと自分の名刺を渡す際にマナーを気を付けなければなりません。 そして早口に発生することなく、ゆっくり、はっきりと自分の会社名・肩書き・フルネームを述べることで相手に好印象を残せます。

>