ブスコパン 添付 文書。 ブスコパンA錠

ブスコパン錠10mg

子宮下部痙攣の運動機能亢進• の運動機能亢進• Lick R F et al, Z Gastroenterol, 5, 275, 1967. 出血性大腸炎の患者[腸管出血性大腸菌 O157等 や赤痢菌等の重篤な細菌性下痢患者では、症状の悪化、治療期間の延長を来す恐れがある]。 (60歳代診療所勤務医、一般内科)• 食道痙攣の痙攣• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 」 そのような思いで日々サイトを磨いてまいります。 胃潰瘍の痙攣• 1.1. 心血管系障害を有する患者:本剤の投与を開始する前に心電図検査を実施するなどし、心血管系の状態に注意をはらうこと(QT延長を生じるおそれがある)。 尿路結石症の痙攣• 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。 妊婦・産婦・授乳婦等への投与 妊娠中の投与に関する安全性は確立していない 使用経験がない。

>

ベタニス錠50mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

投与に際する指示• 6. フレカイニド酢酸塩投与中あるいはプロパフェノン塩酸塩投与中の患者〔10. 3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください 口のかわき、、目のかすみ 4. (40歳代病院勤務医、泌尿器科)• 消化管の筋肉のけいれんをおさえたり、胃酸の分泌をおさえる働きがあります。 痙攣性の運動機能亢進• 5)に溶けやすく、水又は無水酢酸にやや溶けにくく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。 5.甲状腺機能亢進症の患者[心拍数を増加させ、症状を悪化させる恐れがある]。 7.開放隅角緑内障の患者[抗コリン作用により眼圧が上昇し、症状を悪化させることがある]。 過活動膀胱の適応を有する抗コリン剤と併用• クラス3抗不整脈薬投与中• 1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください• 1.5. 低カリウム血症のある患者:心室頻拍(Torsades de Pointesを含む)、QT延長を起こすことがある。 1.2. QT延長又は不整脈の既往歴を有する患者:定期的に心電図検査を行うこと(QT延長を来すリスクが高いと考えられる)。

>

ブスコパン注20mg

・抗コリンにみられる口渇、便秘が少ない。 Reinecke H, Klin Wochenschr, 31, 465, 1953. 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 適用上の注意 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜に刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている。 ) (4)使用期限をすぎたものは服用しないでください。 保管上の注意 PTP包装は外箱開封後遮光 変色することがある。 2). イトラコナゾール、リトナビル、アタザナビル、インジナビル、ネルフィナビル、サキナビル、クラリスロマイシン〔16. 急性心筋虚血• 抗コリン作用を有する薬剤 三環系抗うつ剤、フェノチアジン系薬剤、モノアミン酸化酵素阻害剤、抗ヒスタミン剤等 [抗コリン作用 口渇・便秘・眼の調節障害等 が増強することがある 併用により本剤の作用が増強されることがある ]。 高齢者への投与 一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。

>

ブスコパン錠10mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

(60歳代病院勤務医、泌尿器科)• ・口渇・便秘がない。 出血性大腸炎• 4 こんにちは。 1.3. クラス1A抗不整脈薬投与中(キニジン、プロカインアミド等)又はクラス3抗不整脈薬投与中(アミオダロン、ソタロール等)の患者を含むQT延長症候群患者:定期的に心電図検査を行うこと(QT延長を来すリスクが高いと考えられる)。 水に極めて溶けやすく、酢酸(100)に溶けやすく、エタノール(95)にやや溶けやすく、メタノールにやや溶けにくく、無水酢酸に溶けにくく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。 排尿困難• また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

>

ブスコパン錠10mg

前立腺肥大のある患者[尿を出にくくすることがある]。 調査症例767例 再評価結果 中副作用が報告されたのは152例 19. 効能・効果• 重度徐脈• 6). ピモジド[QT延長、心室性不整脈<Torsades de Pointesを含む>等を起こすおそれがある(本剤のCYP2D6阻害作用により、ピモジドの血中濃度が上昇する可能性があり、かつ本剤及びピモジドがともに催不整脈作用を有する)]。 1.次の人は服用しないでください 本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。 子宮下部痙攣の痙攣• その他の副作用:次のような副作用が現れた場合には、症状に応じて適切な処置を行う。 1.1. PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することがある)。 胆道ジスキネジーの痙攣• うっ血性心不全 患者の属性に応じた注意喚起• 慎重投与 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。

>

コスパノン錠40mg

<用法・用量に関連する注意> 1.用法・用量を厳守してください。 (6)次の診断を受けた人。 希望禁止• 過敏症• 尿路結石症 胆石症(胆のう結石) 食道炎、食道潰瘍 胃潰瘍、十二指腸潰瘍 急性胃炎・急性胃粘膜病変 AGML 慢性胃炎 ブスコパン注20mgの主な効果と作用• の痙攣• 適用上の注意 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている。 重度腎機能障害• (特定の背景を有する患者に関する注意) (合併症・既往歴等のある患者) 9. ボトル品は乾燥剤で品質保持をはかっているので、蓋を開けたままにしないこと。 本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用しないでください 他の胃腸鎮痛鎮痙薬、ロートエキスを含有する他の胃腸薬、乗物酔い薬 3. 〕 甲状腺機能亢進症の患者〔抗コリン作用により頻脈、体温上昇等の交感神経興奮様症状が増強するおそれがある。 ドパミン拮抗剤 メトクロプラミド等 [相互に消化管における作用を減弱する恐れがある 本剤は消化管運動を抑制するため、ドパミン拮抗剤の消化管運動亢進作用と拮抗する ]。

>