トップランナー モータ。 JISC4213:2014 低圧三相かご形誘導電動機-低圧トップランナーモータ

トップランナーモータ 2015年度スタート!!/電力・産業システム 製品情報│電力・産業システム│製品分野別情報│JEMA 一般社団法人 日本電機工業会

。 1 使用 使用は,次のいずれかの事項を,購入者が指定する。 IEC 60034-1 8. m 使用の形式 注記 連続定格(S1)の場合は,連続又はCont. a スターデルタ始動の場合 1s 1 1s st 3 1 V V I I = ただし,拘束試験は三角結線で行う。 これは、得てして「IE1」よりも、「IE3」モータの方が外形寸法が大きいからです。 増えた電流値でブレーカーやサーマルプロテクタがトリップすることも十分あり得ます。 機器表面の冷却を用いた水中で使用可能な機械又はウォータージャケット冷却による機械は,基準冷媒と して二次冷媒を用いる。

>

トップランナーモータ(IE3モータ)の特性について

三相かご形誘導モータの動作原理は、磁界の渦による回転体の誘導です。 商用電源で駆動するモータ 色々と言ってますが、ほとんどの三相誘導モータが対象になりますね。 5 100L 100 80 70 63 193 133 12 28 j6 60 8 4 80 115 40 13 50 3. 巻線に印加する電圧は,機器の定格電圧及び絶縁状 態に適した値にする。 5 運転中の電圧変動及び周波数変動 電源の電圧変動と周波数変動との組合せの適用は,図3の領域A又は領域Bとする。 15 一次冷媒(primary coolant) 冷媒のうち,電動機の発熱部分に接触し,そこから熱を取り去るための液体又は気体の媒体(IEV 411-44-03修正)。 使用の1周期との比で,百分率で表す(IEV 411-51-09)。

>

トップランナーモータ 2015年度スタート!!/電力・産業システム 製品情報│電力・産業システム│製品分野別情報│JEMA 一般社団法人 日本電機工業会

1 000 V+2E ただし,1 500 V以上a とする。 その中で、これまでの産業用モーターに関するJIS規格とは別に、2015年4月から規制が開始される「トップランナー基準」を満たした「 低圧トップランナーモーター」のJIS規格「 JIS C 4213」を新たに策定した。 なので、「IE1」の定格回転数で最大1.5kw仕事ができる機器は、「IE3」の回転数で回すと、仕事量が増えてしまいます。 IEC 60034-1 10. 10参照) なお,次の試験は,購入者が指定する場合又は受渡当事者間の協定がある場合に行う。 2 短い停止時間の場合 表12の375 kWを超える定格出力の規 定は,適用範囲から外れるため,削除 した。 仕事をする相手(ポンプなど)を今までよりも早い回転数で回そうとすれば、仕事量は増えます。

>

トップランナーモータ 2015年度スタート!!/電力・産業システム 製品情報│電力・産業システム│製品分野別情報│JEMA 一般社団法人 日本電機工業会

IE3モータ用の機器に繋いでいても、発生する事案としては、出力や機器設置状況によって、前にも触れた、起動時の突入電力での不具合が発生します。 IE3モータは従来のモータよりも高効率化を実現したため、始動電流が高くなる傾向になります。 Lw= p L+20 log rs+11 dB 注記 騒音計及び測定上の精度のため,騒音レベル測定には,3 dB以下の誤差を生じることがある。 10 130(B),155(F),180 (H)の3種類の耐熱ク ラスを規定する。 6 部分的な巻き替え又は修理を行った電動機の耐電圧試験 部分的な巻き替え又は修理を行った電動機に対して,耐電圧試験を行うことを受渡当事者間で合意した 場合は,次の基準で行うことが望ましい。 注記1 括弧を付けた寸法記号は,IEC 60072-1に規定する寸法記号を示す。

>

トップランナーモータ(IE3モータ)の特性について

180(H)はJISの適用範囲外 7. 3 C 4 2 1 3 : 2 0 1 4. 4 負荷(load) 電気回路及び機械装置によって,電動機に要求する電気的又は機械的出力(IEV 411-51-01修正)。 注a C寸法の許容差は,JIS B 0902によって,250 mm以下は 0 0. a 構造試験(10. IEC 60034-12の改正時に提 案を検討する。 また,水素冷媒による内容を削除し た。 熱帯処理が必要な場合には塗装の変更等が必要ですので、別途ご指定ください。 ただし,定 格電圧が100 V以上の場合の試験電圧は1 000 V以上,定格電圧が100 V未満の場合は500 V以上と する。 3 試験電圧の周波数及び波形 試験電圧は,商用周波数(50 Hz又は60 Hz)のできるだけ正弦波に近いものを用いる。 5 8 55 m6 110 16 6 4,6 60 m6 140 18 7 FF500 2 500 450 j6 550 5 0 18. 2によって選択した方法で電動機の運転中又は運転停止後の各部の最高温度と,10. 「モータ君」は、ただただ、定格回転数に達しようとしているだけなのですから。

>

トップランナーモータ 2015年度スタート!!/電力・産業システム 製品情報│電力・産業システム│製品分野別情報│JEMA 一般社団法人 日本電機工業会

17 直接冷却(内部冷却)巻線[direct cooled inner cooled winding] 中空導体,チューブ,ダクト又はチャンネルを用い,それに流れる冷媒によって主絶縁内部の導体を直 接冷却する導線(IEV 411-44-08)。 IEC規格では,特性ごとの規 格体系としているが,JISで は製品規格としているため, IECへの提案は行わない。 IE1モータとの取付互換性 いろいろと、意見はありますが、基本的には規格が優先されます。 IEC 60072-1 9 推奨する定格出力として 0. まとめ 日本のエネルギー政策として国交省のお達しにより変更が義務付けられた「IE3」モータを、単純に「効率が高い」または「省エネ」というだけの見解では使用方法に間違いが発生してしまいます。 また、「IE1」モータでは存在した飛沫防水型(解放型モータ)の設定が、「IE3」では存在しないため、飛沫防水型からIE3モータに交換する場合は非常に設置スペースが増大します。 5 4 38 k6 80 10 5 11 15 11 15 7. a 回路定数算定のための拘束試験においては,定格電流又はそれに近い一次電流が流れるような低電圧 を加えて,一次電流,印加電圧及び入力を測定する。 温度計としては,棒状温度計,ダイヤル温度計,抵抗温度計,熱電対温度計などのいずれでもよい。

>

トップランナーモータ

今回はこの疑問にに対してご紹介いたします。 巻線に対する規定試験電圧の高圧試験は,できるだけ繰り返さない。 今後,より一層の標準化を図 る。 5 2,4,6 55 m6 110 16 6 FF400 2 400 350 j6 450 5 0 18. 2に規定する適切な記号によって指定し,その後に負荷の値を付記する。 5 11 FF300 300 250 j6 350 5 0 18. ただし,大形電動機の場合又は音源の指向性が顕著な場合 は,更に測定点を増やすことが望ましい。

>

トップランナーモータ 2015年度スタート!!/電力・産業システム 製品情報│電力・産業システム│製品分野別情報│JEMA 一般社団法人 日本電機工業会

30 kg以下の場合は,省略してもよい。 2015年度からの規制開始にあたり、国際規格では周波数や出力などで100超の区分があるものを、国内では同じ効率値の統合や係数処理で36区分に簡素化された。 なお,記号及び略号は,JIS C 4034-2-1:2011の箇条4(記号及び略語)による。 表5に規定する補正の結果,製造業者が試験場所 での許容温度を過大と判断できる場合は,受渡当事者間の協定によって試験手順及び限度を定める。 始動試験時の電流は,過渡現象 消滅後の値を測定する。 ただし,一 21 C 4213:2014 定の拘束電流に対する拘束電圧が回転子位置によって著しく異なる場合には,拘束電圧の値は,回転子位 置に対する最小値をとる(10. 表示事項は,便宜的に番号付けをしたもので,銘板上の順序を定めるものではない。 温度試験の終わ りの冷媒温度が指定された温度よりも30 K以上異なる場合は,7. 26 電動機だけでなく発電機 を含む回転機に対して規 定。

>