コロナ ノストラダムス。 コロナを想うと『ノストラダムスの大予言』を思い出した。~空から恐怖の大王が降ってくる~

“バルカン半島のノストラダムス”がまた予言的中!?「トランプ大統領コロナ感染も当てた!」と騒動

SARSのときと新型コロナウイルスの違いなどは下記コンテンツにて紹介しています。 「3分の1」と訳せるのは tiers という語だが、これは「第三者」などの意味にもなるので、常に「3分の1」を意味するわけではない。 彼女が言った証拠は何もないのです。 当時、ソビエトを中心した東側諸国と米国を中心とした西側諸国の冷戦、オイルショック、公害問題など、将来に対する不安がありました。 『911テロ/15年目の真実 【アメリカ1%寡頭権力】の狂ったシナリオ』ヒカルランド、2016年• 文中の「ドラゴン」は「中国」を、「赤いお金」は「中国の100元札とロシアの5000ルーブル札」であると解釈されている。

>

新型コロナウイルス

今から7年前というと2020年の東京オリンピックの開催が決定した年。 新型コロナウイルスの宿主とされているのはコウモリでしたね。 だがもうすぐ2020年も終わる。 そして、環境問題、核兵器、彗星など、「恐怖の大王」の候補とされている各説について検証を行っている。 だが、新型コロナウイルスを予言していたのはノストラダムスだけではない。

>

2021年はどうなる?星占術師、予知能力者・ノストラダムスによる予言(2020年12月3日)|BIGLOBEニュース

しかし、今回はまた別の衝撃的な予言についてもご紹介したい。 全世界を巻き込んでの大規模なコロナウイルスが蔓延するとは思いもよらなかったはずだ。 この予言だと、混乱は「天番龍蛇年(龍年と蛇年)」つまり次の辰年と巳年の2024年と2025年まで続くとされる。 10月は、予言詩が書かれた時代の旧暦だと11月ごろ。 イルミナティカードが、武漢での新型コロナウイルスを予言していたとされるわけですが、9. 上のものと問題点が全く同じなので、くわしくは述べない。 さらに「難過豬鼠年(猪年と鼠年を無事に過ごすのは難しい)」とあり、まさしく昨年の干支がイノシシで今年がネズミだ。 また疫病が広がり「天下亂紛紛、東西餓死人(天下が乱れ、争いが起き死者が出る)」という部分は、中国による香港弾圧や米国の暴動などだという指摘がある。

>

【ノストラダムス】アンゴルモアの大王って、、

ご興味のある方は、下記ページの詳細をご確認ください。 この他にも、2019年11月の予知夢では、 「たくさんの2に気をつけて」という夢を見たという報告も。 彼はペストが大流行した土地に赴き、予知能力で知った近代医学の方法で、住民を全滅から救ったのだ。 まあ、ノストラダムスの予言は解釈をすること自体が面白さの1つ。 日本での知名度こそ低いが、中国では超有名。 の「ヴォルスキ災厄」という訳を引き、「ヴォルスキという言葉を組み替えるとウイルスとなるのは偶然だろうか?」として、鳥インフルエンザやエボラウイルスなどとともに、SARSにも触れている。

>

聖徳太子2020年の予言は「新型コロナウイルス」だった! 首都は東北に移転か…秋山眞人氏の予言解釈が大的中!

的中率の高さから、国葬が営まれたほどだった。 また、その前後には、関連するという詩の解釈を行い、1999年までに襲い来る極度の大気汚染・水質汚濁(五島は「超汚染」と呼んでいる)や大震災による、陰惨な未来像を畳み掛けるように展開している。 発見当初はあまり話題にならなかったが、今年に入り、その中に新型コロナ禍を予言するような詩が多数含まれていることが明らかに。 (2月14日の調査) まさに、"空から恐怖の大王が降ってきた"かのようでしょうねぇ。 なるほど、そうなると確かに「恐怖の大王」の意味が成り立ちます。 そこには次のように記載があります。

>

2021年はどうなる?星占術師、予知能力者・ノストラダムスによる予言(2020年12月3日)|BIGLOBEニュース

そこで、この現状を踏まえ慎重に予言集を紐解いていくと、「海辺の都市」は「華南海鮮市場」を、そして「偉大な婦人」は、中国副首相の「呉儀(ウー・イー)女史」を指している、と推測されているのだ。 com 《本記事のポイント》• いくつかとても恐ろしいビジョンを得た。 (wiki、アンゴルモアの大王より引用) 1999年7か月、 空から恐怖の大王が来るだろう、 アンゴルモアの大王を蘇らせ、 マルスの前後に首尾よく支配するために。 ということは、クハンダがやってくる時期はそこから2500年後……つまり、今年2020年前後となるのだ。 しかし、ノストラダムスの予言は恐ろしいほど的中したのも事実だ。 この本では、ノストラダムスが未来を先取りした医術でペストを鎮めたことや、その予知能力を買われてフランス国王アンリ2世の顧問となったこと、その顧問を辞めたあとに予言詩集『諸世紀』を著したことがまず紹介されている。

>