Iphone カレンダー ウイルス。 iPhoneのカレンダー、見覚えのない不審な通知はどうしたら? IPAが注意喚起

iPhoneのカレンダー、見覚えのない不審な通知はどうしたら? IPAが注意喚起

古いApple IDを使っていたデバイスで サインアウトするか選ぶ 不正利用された可能性があるApple IDを変更せずに使っていると、次いつまた不正アクセスされるか分かりません。 不正サイトへ誘導され、情報などをだまし取られたり、詐欺や迷惑行為に巻き込まれたりする可能性があります。 2020年1月から3月にかけて、「iPhoneのカレンダーから、ウイルス感染しているという通知が出る」、「iPhoneのカレンダーに、身に覚えのないイベントが入っている」といった相談が複数件寄せられました。 ご確認ください。 英数字を組み合わせて 新しいApple IDを入れる• iPhone通知以外でもよくあるウイルスや不審メール iPhoneカレンダーの通知以外でも、 ウイルスの可能性がある不審メールが届くことはあります。 最後に iPhoneはセキュリティ性の高いスマホですが、完全にウイルスや危険を防げるわけではありません。

>

iPhone security pac…

IPAの「安心相談窓口だより」によると、今年1月から3月にかけて、「iPhoneのカレンダーから、ウイルス感染しているという通知が出る」「iPhoneのカレンダーに、身に覚えのないイベントが入っている」といった相談が、IPAに複数寄せられたとのことです。 クリックしてしまうと金銭を払うようなページに誘導されたりしますので、いずれにしてもそのまま削除することが懸命な判断ですね。 カレンダーのイベントにURLを記載、スパムサイトへ誘導 今回IPAに相談が寄せられた手口の流れは、以下のとおりとなっています。 でも、最近iPhoneのカレンダーーを開くと変なメッセージや通知が来ていることはありませんか? 「ウイルスに感染している可能性があります」 「あなたのiPhoneは保護されていません!」 こんなタイトルがあると、え?本当にウイルスに感染しているのとついクリックしてしまいそうになりますよね。 (図8)• また、アプリをアンインストールしても、自動継続課金でアプリの利用料金が継続発生するケースがあります。 2200年とか未来永劫すべての日のスケジュールが埋められた — チャージマンヒロム hiromgogo なーんかiphoneのカレンダー使ってないのに変なの組み込まれてると思ったらメールから自動で仕事の予定とか組む機能使って手当たり次第にメール送るスパムなのねこれ — モアイ海兵 moaisyatyou iPhoneのカレンダーに謎のイベント出席依頼。 アクセスしたサイトで、メールアドレス、電話番号、クレジットカード情報などの個人情報を入力すると、情報を詐取される可能性がある。

>

iPhoneのカレンダーから「セキュリティ警告」? 身に覚えのないイベントが勝手に追加されていた【被害事例に学ぶ、高齢者のためのデジタルリテラシー】

もし知らないメールアドレスが登録されていたら、すぐに削除してください。 イベントのタイトルには「ウイルスに感染している可能性があります」、「あなたのiPhoneは保護されていません!」などと記載されている• これについては、情報処理通信機能 IPA が注意喚起しているんです! iPhoneのカレンダーはiCloudの共有機能を使って他のデバイスからも見れたり、他のアプリと連携できたり、カレンダーにURLを貼れたりと多機能ですよね? 他のデバイスと同期する機能や、URLを添付できる機能などを悪用して、ウイルスに感染させられてしまう可能性があります。 身に覚えのないメールアドレスが登録されていないか確認 Apple IDを変更したら、 身に覚えのないメールアドレスが登録されていないかメールアプリを確認してみましょう。 単体で使うことももちろんできますが、iCloudをオンにしておくことにより• Apple は、提供された情報をもとに可能な解決方法を提供または推奨する場合があります。 iPhoneの「カレンダー」アプリに身に覚えのないイベントが追加され、「ウイルスに感染している」「iPhoneが保護されていない」といったメッセージが表示される事例が報告されています。

>

iPhoneのカレンダー機能に突然表示される通知に注意!

購入したときからインストールされているカレンダー機能ですが最近かなり怪しいメッセージが出るという報告が多く寄せられています。 予定をかんたんにスケジューリングできる便利なツールとしてiPhoneのカレンダーを使用している方は多いはずです。 下記のページを参考に、自動継続課金の登録確認を行い、不要な場合は解約してください。 最近増え始めたトラブルなので、どういう対処をしていいか分からない人が多いのが特徴です。 でも、これらの通知はかなり巧妙な詐偽だということがわかっています。 「ウイルスに感染しています」という通知なら、なぜカレンダーから届くのか不審に感じ、警戒する人が多いです。 デバイス名が本名だとばれてしまうというわけだ。

>

【対策法アリ】iPhoneのカレンダーが勝手に埋まる!「出席依頼スパム」が厄介過ぎるぞ…

不審な予定にはURLが掲載されていることが多いので、URLにアクセスしてしまうことが考えられます。 また通知は削除しておくと安全です。 不審なものはすぐに閉じて、自分で一から確認すると本当に問題が起こっているのか、ウイルスによる嘘の通知なのかはっきりします。 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は3月30日、iPhoneのカレンダーの機能を悪用して、他人のカレンダーに不審な書き込みを行う手口について、注意を呼びかけました。 普段から定期的にiPhoneのチェックを! また特にトラブルがなくても 定期的にApple IDを変更する、iPhoneのパスワードを変更する、 必要以上にiPhoneカレンダーに予定をいれないなど不審通知を予防する対策をとっておきましょう。 アクセス先のサイト経由でアプリをインストールした場合は、アプリが必要でなければアンインストールをしてください。 万が一再起動でも不具合が直らない場合は、Appleのカスタマーセンターへ問い合わせをしてみましょう。

>

iPhoneに突然表示される、不審なカレンダー通知 IPAが注意喚起

メールに記載されているURLにアクセスするとウイルス感染する危険性があります。 知らない人物から届いたメールにイベントへの出席依頼が含まれていたとき、うっかり了解すると 不審なリンクが記載された イベントがカレンダーに登録されてしまいます。 表示される「 イベントを削除」を 選ぶ Apple IDの不正利用の可能性があるので確認を 不審な予定が入っていた場合は、Apple IDを不正利用されている可能性もあります。 今回の手口では、なんらかの手段で入手したiCloudメールアドレスを悪用し、一方的に不審なイベントを登録することで、不正サイトに誘導するのが狙いと考えられます。 例えばiCloudと共有したり、他のカレンダーアプリと共有したりするとスパムメールが入りやすくなると言われています。 iPhoneのカレンダーに不審なイベントが登録されるパターンは大きく2通りあります。 大切な個人情報を守るために、負担からiPhoneの異変に気が付きやすくしておくといいですよ!. 悪利用されていないか確認して、対策を打ちましょう。

>