租税 特別 措置 法 施行 規則。 租税特別措置法施行規則

第41条((住宅借入金等を有する場合の所得税額の特別控除))関係|国税庁

情報通信技術の活用による行政手続等に係る関係者の利便性の向上並びに行政運営の簡素化及び効率化を図るための行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律等の一部を改正する法律• )に係るものであることにつき、監査を受け、かつ、当該大学等の確認を受けた金額 二 施行令第三十九条の三十九第十二項第二号に掲げる試験研究 次に掲げる金額の合計額 イ 試験研究費の額のうち当該他の者が支出する当該試験研究に要した費用であつて当該連結親法人又はその連結子法人が負担したもの(施行令第三十九条の三十九第十二項第二号に規定する契約又は協定(ロにおいて「契約又は協定」という。 (平11課所4-11、課法8-8、課評2-10追加、平15課個2-7、課審3-7、平16課個2-25、課法8-10、課審4-35、平21課個2-12、課資3-3、課審4-27改正) (算式) (自己の居住の用に供される部分の床面積若しくは土地等の面積又は増改築等に要した費用の額) 41-29 措置法令第26条第6項の規定は、その家屋又は当該家屋の敷地の用に供される土地等のうちにその者の居住の用以外の用に供される部分がある場合に適用されるのであるが、41-27により計算したその者の居住の用に供される部分の床面積若しくは土地等の面積又は増改築等に要した費用の額がその家屋の床面積若しくは土地等の面積又は増改築等に要した費用の額のおおむね90パーセント以上に相当する面積又は金額であるときは、同項の規定にかかわらず、その家屋の床面積若しくは土地等の面積又は増改築等に要した費用の額の全部がその者の居住の用に供する部分の床面積若しくは土地等の面積又は増改築等に要した費用の額に該当するものとして措置法第41条第1項又は第6項の規定を適用することができるものとする。 )の名称及び所在地 三 法第四条の三第一項第四号 に規定する生命保険若しくは損害保険又は生命共済に係る契約を解約したことについての災害、疾病その他これらに類するやむを得ない事情の詳細 四 前号の災害、疾病その他これらに類するやむを得ない事情が生じた年月日 五 その他参考となるべき事項 2 前項の書面には、災害、疾病その他これらに類する事情が生じたことを明らかにする書類を添付しなければならない。 土地利用計画図 造成区域の境界、公共施設の位置及び形状、予定建築物の敷地の形状、敷地に係る予定建築物の用途並びに公益施設の位置 1,000分の1以上 造成計画平面図 造成区域の境界、切土又は盛土をする土地の部分、がけ 地表面が水平面に対して30度を超える角度をなす土地で硬岩盤 風化の著しいものを除く。 料金を徴収しない車両を定める告示の一部を改正する件(同四九二) 860• )に係る金銭を引き続き当該公社債又は証券投資信託の受益証券として適格継続預入等することをあらかじめ約するもので、当該公社債又は証券投資信託の受益証券に関する事項が同一の口座により総括して管理されるものを含む。

>

租税特別措置法施行規則

以下この号において同じ。 of the qualified foreign intermediary or a certificate of matters entered in an alien registration file meaning a document by which the head of a local public entity certifies matters registered in an alien registration file; limited to the document prepared within six months prior to the day on which it is presented to the head of the business office, etc. 第四項において同じ。 )の日以後二月以内に、次に掲げる事項を記載した申請書に分割計画書又は分割契約書その他のこれらに類する書類の写しを添付して、これを当該連結親法人の納税地の所轄税務署長に提出しなければならない。 )に係るものであることにつき、監査を受け、かつ、当該他の者の確認を受けた金額 三 施行令第三十九条の三十九第十二項第四号に掲げる試験研究 試験研究費の額のうち当該大学等が支出する当該試験研究に要した費用であつて当該連結親法人又はその連結子法人が負担したもの(同号に規定する契約又は協定において当該連結親法人又はその連結子法人が負担することとされているものに限る。 ))の預託があった場合において、その保証金等につき定期借地権等を設定した日の属する月における基準年利率(昭和39年4月25日付直資56ほか1課共同「財産評価基本通達(法令解釈通達)」の27-3(定期借地権等の設定の時における借地権者に帰属する経済的利益の総額の計算)の(2)に掲げる年利率をいう。 01 施行• 6 施行令第二条の十七第一項 の規定による通知を受けた同項 に規定する貸付信託の受益証券又は有価証券に係る支払事務の取扱いをする者は、その受けた通知の内容を記載した書類をその通知を受けた日の属する年の翌年から五年間保存しなければならない。 24 税務署長は、前二項の処分をするときは、その認定に係る連結親法人(施行令第二十七条の四第十九項の認定を受けた連結子法人との間に連結完全支配関係がある連結親法人を含む。

>

租税特別措置法施行規則第十八条の二十一第九項に規定する国税庁長官の定める方法を定める件|国税庁

4 造成区域内の土地の登記簿の謄本 5 公図写し 6 設計図 1 造成計画平面図 方位、造成区域の境界、工区界、切土又は盛土をする土地の部分、がけ 地表面が水平面に対し30度を超える角度をなす土地で硬岩盤 風化の著しいものを除く。 )の役員又は使用人をもって組織した団体で、これらの者の親睦又は福利厚生に関する事業を主として行っているもの(以下この項において「共済会等」という。 2 The matters specified by Ministry of Finance Order which should be stated in the written application for a tax exemption on book-entry national government bonds as prescribed in Article 5-2, paragraph 1 , item i , a of the Act hereinafter referred to as the "written application for a tax exemption on book-entry national government bonds" in this Article and the written application for a tax exemption on book-entry local government bonds prescribed in item ii , a of the same paragraph referred to as the "written application for a tax exemption on book-entry local government bonds" in this Article are the following: i the name of the person who submits the written application for a tax exemption on book-entry national government bonds or book-entry local government bonds in a case where the person who submits the written application for a tax exemption on book-entry national government bonds or book-entry local government bonds is the trustee of a qualified foreign securities investment trust prescribed in Article 5-2, paragraph 2 of the Act hereinafter referred to as a "qualified foreign securities investment trust" in this Article , the name of the trustee and the name of each qualified foreign securities investment trust that the trustee has accepted and the domicile of the person in a case where the person who submits the written application for a tax exemption on book-entry national government bonds or book-entry local government bonds is any of the persons listed in the items of the preceding paragraph, the place specified in those items for the categories of persons listed in the respective items; hereinafter referred to as the "domicile, etc. 2 前項に規定する場合において、法第三条の二 に規定する配当等が、同一の内国法人又は国内に恒久的施設を有する外国法人に対して一回に支払をする金額が一万円(当該配当等の計算の基礎となつた期間が六月以上一年未満である場合には、五千円とし、当該期間が六月未満である場合には、二千五百円とする。 (令和元年財務省令第三十六号)• 第二節 連結法人の特別税額控除及び減価償却の特例等 (試験研究を行つた場合の法人税額の特別控除)第二十二条の二十 三 施行令第三十九条の三十九第二項第二号に規定する財務省令で定めるものは、同号の情報の解析に必要な確率論及び統計学に関する知識並びに情報処理(情報処理の促進に関する法律第二条第一項に規定する情報処理をいう。 一 施行令第二条の二十五第七項 の規定による届出書を提出する勤務先の長の氏名並びに当該勤務先(当該勤務先が事務代行団体に勤労者財産形成住宅貯蓄契約に係る事務の委託をしている特定賃金支払者に係るものである場合には、当該勤務先及び当該委託に係る事務代行先)及び当該勤務先の賃金の支払者の名称及び所在地 二 勤労者財産形成促進法第六条第四項第一号 ホ、同項第二号 リ又は同項第三号 リに規定する同項 の勤労者との契約を最初に締結した年月日 三 その他参考となるべき事項 (金融機関の営業所等における帳簿及び申告書等の写しの作成並びに保存等) 第三条の六 金融機関の営業所等の長は、法第四条の二第一項 に規定する財産形成非課税住宅貯蓄申込書を提出して預入等がされた財産形成住宅貯蓄につき、帳簿を備え、勤務先ごとの各人別に、その財産形成住宅貯蓄の元本、同項第三号 に規定する額面金額等又は生命保険若しくは損害保険の払込保険料の金額若しくは生命共済の払込共済掛金の額及びその利子、収益の分配又は同項第四号 に規定する差益の計算に関する事項その他の事項を明らかにしなければならない。 (3) 敷地の取得に係る住宅借入金等の金額の合計額又は認定住宅借入金等の金額の合計額が、当該敷地の取得対価の額を超える場合 敷地の取得対価の額• )を家屋又は敷地の取得がある場合の当該敷地と併せて同一の者から取得等をしている場合で、当該構築物等の取得等の対価の額がきん少と認められるときは、41-24及び41-25にかかわらず、当該構築物等の取得等の対価の額を家屋の取得対価の額、家屋等の取得対価の額又は敷地の取得対価の額に含めて差し支えない。 回避可能費用単価等を定める告示の一部を改正する件(同六六) 787• 01 施行• 建築基準法第6条第1項又は第6条の2第1項の規定による確認済証の写し及び同法第7条第5項又は第7条の2第5項の規定による検査済証の写し 住宅の新築の工事完了前に法第31条の2第2項第15号ニ又は第62条の3第4項第15号ニの規定に基づく認定を受けようとする場合にあっては、確認済証の写し 5 申請者、設計者及び工事監理者並びに工事施工者の資格を証する書面 申請者の宅地建物取引業法 昭和27年法律第176号 に基づく資格、設計者及び工事監理者の建築士法 昭和25年法律第202号 に基づく資格、工事施工者の建設業法 昭和24年法律第100号 に基づく資格 宅地建物取引業免許証の写し、建築士事務所登録証の写し、建設業許可証の写し 6 床面積計算書 延べ面積、各階ごとの床面積、共用部分が家屋の延べ面積に占める比率その他住宅の居住の用に供する部分の面積を計算する上で必要な事項 居住の用に供する部分及び居住の用に供する部分以外の部分、専有部分及び共用部分並びに住宅部分及び非住宅部分の面積を各戸及び各階ごとに記入すること。

>

租税特別措置法に基づく優良宅地認定事務施行規則

)及び勤務先(同項 に規定する勤務先をいう。 )に基づく法第四条の三第一項 に規定する有価証券の購入のためのものとする。 7 施行令第三十九条の三十五の二第十五項に規定する財務省令で定める書類は、次に掲げる書類とする。 4 The matters specified by Ministry of Finance Order which should be stated in the statement of the holding period of book-entry national government bonds, prescribed in Article 5-2, paragraph 1 , item i , b of the Act hereinafter referred to as the "statement of the holding period of book-entry national government bonds" in this paragraph to paragraph 7 , and the statement of the holding period of book-entry local government bonds prescribed in paragraph 1 , item ii , b of the same Article hereinafter referred to as the "statement of the holding period of book-entry local government bonds" in this paragraph to paragraph 7 are the following: i the name of the person who submits the statement of the holding period of book-entry national government bonds or statement of the holding period of book-entry local government bonds in the case where the person who submits the statement of the holding period of book-entry national government bonds or statement of the holding period of book-entry local government bonds is the trustee of a qualified foreign securities investment trust s , the name of the trustee and the name of each qualified foreign securities investment trust that the trustee has accepted and the domicile, etc. なお、事前相談・申請を一元的に受け付ける窓口を、本日、開設いたします。 法人税法施行規則の一部を改正する省令• 専門工事企業の施工能力等の見える化評価制度に関する告示(同四九八) 863• この場合において、第三条の五の規定中「施行令 」とあるのは「施行令第二条の三十一 において準用する施行令 」と、「法第四条の二第一項 」とあるのは「法第四条の三第一項 」と、「勤労者財産形成住宅貯蓄契約」とあるのは「勤労者財産形成年金貯蓄契約」と、「財産形成非課税住宅貯蓄申告書」を「財産形成非課税年金貯蓄申告書」と、「財形住宅貯蓄取扱機関」とあるのは「財形年金貯蓄取扱機関」と、「財産形成住宅貯蓄」とあるのは「財産形成年金貯蓄」と読み替えるほか、次の表の上欄に掲げる第三条の五の規定中同表の中欄に掲げる字句は、それぞれ同表の下欄に掲げる字句に読み替えるものとする。 租税特別措置法施行規則(昭和三十二年大蔵省令第十五号)第十八条の二十一第九項の規定に基づき、同項に規定する国税庁長官の定める方法を次のように定め、平成三十二年十月一日以後に平成三十二年分以後の所得税に係る確定申告書を提出する場合及び同日以後に租税特別措置法(昭和三十二年法律第二十六号)第四十一条の二の二第一項(同法第四十一条の三の二第二十項の規定により読み替えて適用する場合を含む。

>

租税特別措置法施行規則の全文・条文

7 施行令第二条の二十五第六項 に規定する勤務先の長又は同項 に規定する出国時勤務先等の長は、同項第一号 に掲げる申告書若しくは同項第二号 に掲げる書類を受理した場合又は施行令第二条の十二第二項 若しくは第二条の二十一第三項 の規定による通知をした場合には、これらの申告書若しくは書類又は当該通知に係る書面の写し(これに準ずるものを含む。 一 施行令第三十九条の三十九第十二項第四号に掲げる試験研究(以下この項において「試験研究」という。 特定事業者のうち鉱業、電気供給業、ガス供給業及び熱供給業に属する事業の用に供する工場等を設置しているものによる中長期的な計画の作成のための指針の一部を改正した件(同七〇) 810• 租税特別措置法施行規則等の一部を改正する省令• )に規定する分割等(以下この項及び第八項において「分割等」という。 ただし、施行令第二条の三十一 において準用する施行令第二条の二十五第四項 に規定する財産形成非課税年金貯蓄申告書、転職者等の財産形成非課税年金貯蓄継続適用申告書、海外転勤者の財産形成非課税年金貯蓄継続適用申告書、海外転勤者の特別国内勤務申告書及び財産形成非課税年金貯蓄廃止申告書並びに施行令第二条の三十二第一項 及び第二項 に規定する財産形成年金貯蓄の非課税適用確認申告書及び財産形成年金貯蓄者の退職等申告書に記載された事項並びに施行令第二条の三十一 において準用する施行令第二条の二十五第四項 に規定する財産形成非課税年金貯蓄限度額変更申告書、財産形成非課税年金貯蓄に関する異動申告書及び財産形成非課税年金貯蓄の勤務先異動申告書に記載された異動事項を、前条第一項に規定する帳簿に記載する場合には、この限りでない。 の金額に係る契約において、その年の翌年以後に返済等をすべきこととされている住宅借入金等の金額につき、その年に繰り上げて返済等をした場合であっても、その年12月31日における現実の住宅借入金等の金額の残高については、同条第1項、第6項、第10項、第13項又は第16項の規定の適用があるのであるが、例えば、その年の翌年以後に返済等をすべきこととされている住宅借入金等の金額の全額につき、その年に繰り上げて返済等をした場合など、当該繰上返済等により償還期間又は割賦期間が10年未満となる場合のその年についてはこれらの規定の適用はないものとする。

>

租税特別措置法に基づく優良住宅認定事務施行規則

公的年金制度の健全性及び信頼性の確保のための厚生年金保険法等の一部を改正する法律附則第三十六条第三項第一号及び第八項の厚生労働大臣が定める利率を定める件(同一三八) 726• 租税特別措置法施行令第二十六条の二十八の二第四項の規定に基づき、文部科学大臣又は文部科学大臣及び総務大臣が財務大臣とそれぞれ協議して定める要件及び方法を定める告示(総務・文部科学一) 665• )の種別及び名称 三 法第三条の三第六項 の規定の適用を受けようとする国外公社債等の利子等の支払期及び当該国外公社債等の利子等の金額 四 第二号に規定する国外発行公社債等を施行令第二条の二第五項 の規定により保管の委託をした年月日及び当該保管の委託をした同項 の支払の取扱者の名称(当該支払の取扱者を通じて当該支払の取扱者が指定する他の者に保管の委託をしているときは、その旨及び当該他の者の名称) 五 当該申告書の提出の際に経由すべき国外公社債等の利子等の支払の取扱者の名称及び所在地 六 その他参考となるべき事項 2 施行令第二条の二第五項 に規定する公共法人等又は金融機関等(第四項において「公共法人等又は金融機関等」という。 府令・省令• 労働安全衛生法第五十三条の二の規定により都道府県労働局長が製造時等検査の業務の全部を自ら行うものとする件(同一五一) 739• (その年12月31日における住宅借入金等の金額の合計額等) 41-22 措置法第41条第2項に規定するその年12月31日における住宅借入金等の金額の合計額、同条第6項に規定するその年12月31日における特例住宅借入金等の金額の合計額、同条第10項に規定するその年12月31日における認定住宅借入金等の金額の合計額、同条第13項に規定するその年12月31日における特別特定住宅借入金等の金額の合計額及び同条第16項に規定するその年の12月31日における認定特別特定住宅借入金等の金額の合計額は、その年12月31日における現実の住宅借入金等の金額の残高、特例住宅借入金等の金額の残高、認定住宅借入金等の金額の残高、特別特定住宅借入金等の金額の残高又は認定特別特定住宅借入金等の金額の残高を基として計算された金額をいうものとする。 through which a nonresident or foreign corporation is to make entries or records under the book-entry system regarding book-entry national government bonds or book-entry local government bonds ; v where the person who submits the written application has made the notification of its tax agent under the provisions of Article 117, paragraph 2 of the , the name and domicile of the tax agent if the person has not made the notification, the name of the person similar to the tax agent and that person's domicile in Japan ; ii a document by which the submitter thereof promises to provide the confirmation prescribed in Article 5-2, paragraph 9 of the Act as provided for by the same paragraph when a written application for a tax exemption on book-entry national government bonds or written application for a tax exemption on book-entry local government bonds is submitted; 10 The document specified by Ministry of Finance Order, prescribed in Article 3, paragraph 21 , item i of the Order for Enforcement is any of the following documents of a nonresident in a case where the nonresident is the trustee of a qualified foreign securities investment trust s , any of the following documents and the prospectus of each qualified foreign securities investment trust that the trustee has accepted or any other document similar thereto, limited to those documents stating the name of the nonresident in the case where the nonresident is the trustee of a qualified foreign securities investment trust s , the name of the trustee and the name of each qualified foreign securities investment trust that the trustee has accepted and the nonresident's domicile in a case where the nonresident is any of the persons listed in paragraph 1 , items i to iii , the place specified in these items for the categories of persons listed in the respective items : i a certificate of alien registration, a copy of an alien registration file limited to any of those documents prepared within six months prior to the day on which it is presented to the head of the business office, etc. R01. 以下この号において「分割承継等連結事業年度」という。 国税関係法令に係る情報通信技術を活用した行政の推進等に関する省令第五条第一項第二号に規定する国税庁長官が定める者を定める件の一部を改正する件(国税庁二) 715• )に係る金銭(勤労者財産形成年金貯蓄契約に基づく年金の支払に充てられる金銭を除く。 2 家屋の取得の対価の額等には、その家屋(増改築等をした家屋については、当該増改築等に係る部分。 )又は通知預金(通知貯金を含む。 平成二十六年国土交通省告示第四百二十八号の一部を改正する件(同四九四) 862• 01 施行• R02. 08 施行• (平29課個2-15、課審5-6追加、令元課個2-24、課法11-4、課審5-13改正) (引き続きその個人の居住の用に供していた家屋) 41-29の3 措置法第41条第1項の定めるところにより居住の用に供した家屋が、その居住の用に供した日の属する年において、災害により居住の用に供することができなくなった場合であっても、その災害のあった日まで引き続きその個人の居住の用に供していた家屋は、同条第29項に規定する従前家屋(41-29の5において「従前家屋」という。

>

租税特別措置法

01 施行• (平成三十年法律第七号)• 01 施行• (金融機関の営業所等における財産形成非課税年金貯蓄申告書等の写しの作成及び保存等) 第三条の十六 金融機関の営業所等の長は、個人から提出された施行令第二条の三十一 において準用する施行令第二条の二十五第四項 に規定する財産形成非課税年金貯蓄申告書、財産形成非課税年金貯蓄限度額変更申告書、財産形成非課税年金貯蓄に関する異動申告書、財産形成非課税年金貯蓄の勤務先異動申告書、転職者等の財産形成非課税年金貯蓄継続適用申告書、海外転勤者の財産形成非課税年金貯蓄継続適用申告書、海外転勤者の特別国内勤務申告書若しくは財産形成非課税年金貯蓄廃止申告書又は施行令第二条の三十二第一項 若しくは第二項 に規定する財産形成年金貯蓄の非課税適用確認申告書若しくは財産形成年金貯蓄者の退職等申告書を受理した場合には、これらの申告書の写し(これに準ずるものを含む。 (平成二十九年財務省令第五十一号)• 3 金融機関の営業所等の長は、次の各号に掲げるその作成し、受理し、又は提出を受けた書類を勤務先(施行令第二条の二十一第二項 に規定する継続適用不適格事由が生じた個人に係る当該書類にあつては、同条第四項 に規定する出国時勤務先。 地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律附則第四条の厚生労働大臣が指定する地域の一部を改正する件(同一五二) 740• 法人税法施行規則の一部を改正する省令• 2 金融機関の営業所等の長は、個人から提出された施行令第二条の二十五第四項 に規定する財産形成非課税住宅貯蓄申告書、財産形成非課税住宅貯蓄限度額変更申告書、財産形成非課税住宅貯蓄に関する異動申告書、財産形成非課税住宅貯蓄の勤務先異動申告書、転職者等の財産形成非課税住宅貯蓄継続適用申告書、海外転勤者の財産形成非課税住宅貯蓄継続適用申告書、海外転勤者の国内勤務申告書又は財産形成非課税住宅貯蓄廃止申告書を受理した場合には、これらの申告書の写し(これに準ずるものを含む。 or the specified overseas business office, etc. 3 施行令第二条の二第五項 に規定する財務省令で定めるものは、所得税法第百七十六条第一項 各号に掲げる信託又は法第九条の四第二項 に規定する証券投資信託以外の投資信託の信託財産に属する国外発行公社債等に係る国外公社債等の利子等とする。 ) 当該財産形成非課税住宅貯蓄廃止申告書の写し又は退職等に関する通知書にあつては当該申告書又は当該通知書の提出があつた日、当該申告書以外の申告書の写しにあつてはこれらの申告書に係る当該財産形成非課税住宅貯蓄廃止申告書又は退職等に関する通知書の提出があつた日 二 法第四条の二第一項 に規定する財産形成非課税住宅貯蓄申込書 次に掲げる場合の区分に応じ、それぞれ次に掲げる日(施行令第二条の七第一項 及び第二項 の規定による限度額の記載をした当該申込書以外のものにあつては、その提出があつた日) イ 当該申込書が法第四条の二第一項 に規定する預貯金、合同運用信託(ロに規定する貸付信託の受益証券に係るものを除く。 後付安全運転支援装置の性能認定実施要領(同四七九) 849• )の名称及び納税地(当該相手先が連結子法人である場合には、当該相手先の本店又は主たる事務所の所在地)並びに代表者の氏名 四 分割等の年月日 五 分割法人等の分割等の日を含む連結事業年度に係る法人税法第十五条の二第一項に規定する連結親法人事業年度開始の日(当該分割等の日を含む事業年度が連結事業年度に該当しない場合には、当該事業年度開始の日)から起算して三年前の日から当該分割等の日を含む連結事業年度(当該分割等の日を含む事業年度が連結事業年度に該当しない場合には、当該事業年度。

>

「生産性向上特別措置法」が施行されました (METI/経済産業省)

平成二十七年国土交通省告示第四百八十二号の一部を改正する件(同四八五) 856• )の当該株式交換前に行う事業のうちのいずれかの事業とが施行令第三十九条の三十四の三第四項第一号の相互に関連することに該当するかどうかの判定について準用する。 01 施行• 第41条((住宅借入金等を有する場合の所得税額の特別控除))関係 (昭55直所3-20、直法6-9) (居住の用に供した場合) 41-1 措置法第41条第1項、第6項、第10項、第13項及び第16項に規定する「その者の居住の用に供した場合」とは、同条第1項に規定する居住用家屋(以下第41条関係において「居住用家屋」という。 第八項第二号において同じ。 工場等におけるエネルギーの使用の合理化に関する事業者の判断の基準を定めた件の一部を改正する件(同六九) 791• 6 施行令第三条第七項 に規定する書類に記載すべき財務省令で定める事項は、次に掲げる事項とする。 健康保険組合の名称を変更した件(同一四六) 733• 放射性物質の数量等に関する基準の一部を改正する件(同一四二) 727• 一般送配電事業託送供給等約款料金算定規則第二十七条第一項第四号及び同条第二項の規定に基づき経済産業大臣が定める額を定める件の一部を改正する件(同七五) 834• )、同条第6項の規定の適用を受ける場合の住宅借入金等(41-22において「特例住宅借入金等」という。

>