運行 管理 者 試験 過去 問。 運行管理者試験過去問題

運行管理者試験に合格するためにやるべき勉強法は?

まず記憶の定着は、 「繰り返す」ことが最も大事だと思っています。 試験対策の参考書・問題集は受験しようとしている回に対応したものを利用することをおススメします。 運行管理者試験が始まった当初は70%超と、比較的簡単だった試験も今や30%前後で推移しています。 これは、問題を読み慣れていないのもありますが、 「やっつけ」で勉強しているとこうなってしまいます。 酒気帯び状態の運転手の乗務を禁止すること• 2.前方の自動車を大型車と乗用車から同じ距離で見た場合、それぞれの視界や見え方が異なり、大型車の場合には運転席が高いため、車間距離をつめてもあまり危険に感じない傾向となるので、この点に注意して常に適正な車間距離をとるよう運転者を指導する必要がある。 基礎講習の受講修了を受験資格とする場合は、受講後に修了証が発行されるので、その写しを添付します。

>

運行管理者試験【貨物】過去問ランダム演習:640

なお、解答にあたっては、各選択肢に記載されている事項以外は考慮しないものとする。 を知っていますか? この「忘却曲線」というのを端的に言うと、 「人が記憶したものは1日経つとほとんど忘れている」 ということ。 下表の空欄A、B、C、Dについて、次の選択肢ア~ウの拘束時間の組み合わせをあてはめた場合、「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」に適合するものを1つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。 運行管理者資格を取って就職・転職する 人それぞれ、色々あると思います。 なお、隔日勤務には就いていない場合とする。 なお、解答にあたっては、各選択肢に記載されいている事項以外は考慮しないものとする。

>

運行管理者試験の過去問題集サイトまとめ

試験日2週間前から過去問を解く 詳しくは後述しますが、「アプリ」を使って、毎日参考書を読む「5分」とは別に、気が向く範囲で過去問を解いてください。 )の拘束時間及び休息期間についての次の文中、A、B、C、Dに入るべき字句を下の枠内の選択肢(1~8)から選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。 早めの申請をお勧めします。 最近の出題傾向では、 この4つの選択肢の内、たった一つの「誤っているもの」を探すのが、 非常に困難になってきました。 なお、その後、当該運転者は脳梗塞と診断された。

>

運行管理者試験の過去問題集サイトまとめ

3.事業者は、「営業所の名称」の事業計画の変更をしたときは、遅滞なく、その旨を国土交通大臣に届け出なければならない。 4.事業者は、その事業用自動車の運転者に対し、主として運行する路線又は営業区域の状態及びこれに対処することができる運転技術並びに法令に定める自動車の運転に関する事項について、適切な指導監督をしなければならない。 wikiより引用 関連リンク• また、試験合格で 自分に自信を持つことで次のステップに踏み出しやすくなります。 ですので、知識をインプットすると同時に、体でのアウトプットを身に付けましょう。 問7 解答: 2 問8 旅客自動車運送事業者(以下「事業者」という。 H24第1回問題と解答・解説• 法令を覚えるよりも「〇〇は1年」など、項目ごとに暗記して、なぜ自分が間違ったのか、答えられなかったのかを間違った理由を分析してどうすれば覚えられるかを考えましょう。 3.平成28年中の自動車乗車中死者のシートベルト着用状況を座席別に見てみると、後部座席は運転席や助手席と比べて非着用の割合が高い。

>

運行管理者試験の過去問題集サイトまとめ

なお、解答にあたっては、各選択肢に記載されている事項以外は考慮しないものとする。 4.事業者は、脳血管疾患の予防のため、運転者の健康状態や疾患につながる生活習慣の適切な把握・管理に努めるとともに、これらの疾患は定期健康診断において容易に発見することができることから、運転者に確実に受診させている。 なお、解答にあたっては、各選択肢に記載されいている事項以外は考慮しないものとする。 3:事業者は、道路法第47条第2項の規定(車両でその幅、重量、高さ、長さ又は最小回転半径が政令で定める最高限度を超えるものは、道路を通行させてはならない。 実務上の知識及び能力5つの分野から出題されます。 パラパラと読むのではなく、しっかりと5分間集中して読んでください。 それは、人によって覚えるスピードがまるで違うからです。

>

運行管理者(貨物)の過去問を「全問」ランダムに出題

4:国土交通大臣は、事業者が過積載による運送を行ったことにより、貨物自動車運送事業法の規定による命令又は処分をする場合において、当該命令又は処分に係る過積載による運送が荷主の指示に基づき行われたことが明らかであると認められ、かつ、当該事業者に対する命令又は処分のみによっては当該過積載による運送の再発を防止することが困難であると認められるときは、当該荷主に対しても、当該過積載による運送の再発の防止を図るため適当な措置を執るべきことを勧告することができる。 イ 勤務終了後、継続【 C 】以上の休息期間を与えること。 ただ、やみくもに法令をはじからはじまでを読んだとしても覚えることは難しいはずです。 そもそも運行管理者資格とは? 輸送の安全を確保するための責任者として法定必置の国家資格であり、主に以下の業務を行うことができます。 》 本書は各項目のはじめに過去問題に対する解説テキストを掲載しています。 1.国土交通大臣の行う自動車(検査対象外軽自動車及び小型特殊自動車を除く。

>