リミット レギュレーション 2020。 ついに発表!リミットレギュレーション!【2020年4月1日適応】【制限編前半】 / 福岡天神店の店舗ブログ

【遊戯王】 2021年1月 リミットレギュレーション判明! 改訂感想 「強烈に意味不明」 【ゆっくり解説】 │ 遊戯王動画まとめ

遊戯王制限改訂 2021年1月 リミットレギュレーションが判明! 「 【遊戯王 制限改訂】リミットレギュレーションの禁止制限が遂に明らかになりましたね!今回も新規情報ラッシュとなるのか・・・!色々と気になる事はありますが、注目すべき点は多々ありますので少しずつ見ていきましょう。 遊戯王の制限改訂は毎年更新されていますが今回は様々な禁止ジンクスのある年でした。 1 :リンク状態のこのカードは戦闘では破壊されない。 ただサーチできないカードなので利便性は激しく下がりそうです。 この効果で特殊召喚したモンスターは効果が無効化され、S素材にできない。 ダブルを許すな(戒め) ・アーゼウス 今までの経験則からエクストラの強いやつはいっぺん制限かけとけ感。

>

リミットレギュレーションを2倍楽しむ!『禁止カード限定デュエル』!【遊戯王Advent Calendar11日目】|Strong|note

《外神アザトート》 【制限カード】• その後、相手はデッキから罠カード1枚を選んで自身の魔法&罠ゾーンにセットできる。 このカードの発動後、ターン終了時まで相手は罠カードを発動できない。 16色の支配者ショック・ルーラー》はこれまでの環境同様強力。 『禁止カード限定デュエル』の 問題点です。 どちらにせよ採用枚数が減って素引きしにくくなったというのはシンプルに弱体化と言えます。

>

リミットレギュレーションを2倍楽しむ!『禁止カード限定デュエル』!【遊戯王Advent Calendar11日目】|Strong|note

前回のリミットレギュレーションで 「オルフェゴール」デッキは 「オルフェゴール・ディヴェル」と 「オルフェゴール・ガラテア」が準制限カードになったものの、 「宵星の騎士ギルス」によって規制されてなお環境トップで活躍しています。 が前回の23枚から一気に9枚も増えており、過去最高枚数である。 ココでは遊戯王の制限解除等の情報と、禁止カードになったカードの情報をまとめています。 相手は手札を2枚まで可能な限り選んで捨てる。 その後、デッキから「オルフェゴール」魔法・罠カード1枚を自分フィールドにセットできる。

>

【禁止改訂】リミットレギュレーション2020.10を考える

またこれらの派手なコンボ以外にも、《キャノン・ソルジャー》のセルフ射出を使い《遺言状》を起動する、自分の《王宮の弾圧》によるロックを《ハリケーン》で一時的に解除するといった細かいコンボも多数あります。 その自分の表側表示のカードを持ち主の手札に戻す。 スポンサーリンク 2020年4月の禁止制限の規制が入りそうなカード一覧!! 「儀式魔人リリーサー」禁止カード化 結果的には 「リリーサードラグーン」デッキの抑止という形で働く規制かと思います。 《ダイナレスラー・パンクラトプス》• 1 :このカードの発動時の効果処理として、 デッキから「召喚師アレイスター」1体を手札に加える事ができる。 《魔導サイエンティスト》1枚から出せる《No. Twitter: pixiv:. こちらも前回のリミットレギュレーションで準制限カードに規制されているので、段階的な規制強化として次は制限カードになるのではないかと思われます。

>

ついに発表!リミットレギュレーション!【2020年4月1日適応】【制限編前半】 / 福岡天神店の店舗ブログ

2 :このターンにS召喚したこのカードがモンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。 「オルターガイスト・メリュシーク」はサーチ効果を持つので、デッキの潤滑剤としての役割を果たしたりと重要な役割を担っています。 《ファイアウォール・ドラゴン》はエラッタされ、「プリズマティック・アート・コレクション」に収録されます。 そのモンスターをデッキに戻す。 「オルフェゴール・ディヴェル」制限カード化 「オルフェゴール」デッキの弱体化を目的として規制されることを予想しました。 1 :相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、 このカードは手札から特殊召喚できる。 遊戯王制限改訂 2021年1月 新準制限カード 遊戯王 制限改訂・リミットレギュレーション 2020年10月の準制限カードは下記の様になりました。

>

遊戯王カードWiki

2020年4月の禁止制限の傾向についてまずはどうなりそう? 今回の傾向についてですが、今まで通り大会環境へのテコ入れがメインになるかと思われます。 《召喚獣メルカバー》• については発売時期の近いにおけるの登場も考慮したものだろう。 むしろ規制したとしても 7月にして、 3か月間は新マスタールール改訂が大会環境にどのような影響を及ぼすのかを様子を見るのではないかと思います。 1 :このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、 このカードの相互リンク先のモンスターの数まで、 自分または相手の、フィールド・墓地のモンスターを対象として発動できる。 しかし 「閃刀姫」デッキは環境上位ではあるものの、 他の環境上位と比べると使用率の高さに対して優勝記録などが少なめだったのでもしかしたら 今回はスルーするのかもしれません。 そのカードを破壊する。 そもそも【エルドリッチ】自体がおかしいスペックのカードばかりですし、寧ろこの規制だけでもかなり温情かと。

>

【遊戯王 2020年1月】リミットレギュレーション(禁止/制限カードリスト)

。 強力な対処札で逃げ切れるか?「ドラグーン」落ち着いたから許される?「ギルス」 「ドラグーン」このカードにまつわる殆どのカードが 制限カードに送られています。 以上のことも含めて具体的に規制がされるカードを予想していきます。 これからの【ドラグマ】関連デッキの動向がどうなるか、ですね。 ゲームバランスはその時その時で当たり外れがありますが、なんだかんだで私はやるたび楽しめているので理解の上であまり気にせず遊んでみるといいと思います。 《天底の使徒》 通常魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 「儀式魔人リリーサー」を素材にした 「クラウソラスの影霊衣」を出すことで、相手の特殊召喚を封じながらも 「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」の非常に高い性能で相手を一方的に倒すという戦術を取るのが 「リリーサードラグーン」の基本コンセプトです。

>