平和 に関する 布告。 「平和についての布告」「14ヵ条の原則」

平和に関する布告 : definition of 平和に関する布告 and synonyms of 平和に関する布告 (Japanese)

今回の記事は以上となります。 「布告」がヨーロッパ・非ヨーロッパの区別なくを含めた領土・民族の強制的「併合」を否定しての全面的承認の規定になっているのに対し、同じ連合国で植民地大国であった英・仏などに配慮し、「関係住民(=属領・植民地住民)の利害が、法的権利を受けようとしている政府(=支配国・本国政府)の正当な請求と同等の重要性を有する」とかなり限定的な規定になっており、その具体的な適用範囲も、第10〜13条に現れているように、ほとんど敵対する同盟国の領土(・・)に限定され、実質的にはこれらの国の解体を意味する内容であった。 衆議院議員鈴木宗男君提出「平和に対する罪」に関する質問に対する答弁書 一について 極東国際軍事裁判所条例第五条(a)において、「平和ニ対スル罪 即チ、宣戦ヲ布告セル又ハ布告セザル侵略戦争、若ハ国際法、条約、協定又ハ誓約ニ違反セル戦争ノ計画、準備、開始、又ハ遂行、若ハ右諸行為ノ何レカヲ達成スル為メノ共通ノ計画又ハ共同謀議ヘノ参加」と規定されている。 どこかでそういった記述を本でも見たのですが、思い出せません。 1917年12月15日にブレスト=リトフスクで休戦条約(講和ではない)に調印し、東部戦線では停戦が実現した。 二及び六について 国際法上の侵略の定義については様々な議論が行われているが、確立された定義があるとは承知しておらず、お尋ねについてお答えすることは困難である。

>

Wikizero

レーニンは民族自決を「国家的分離」として理解しており、それを突き詰めれば、植民地支配からの独立ということになります。 その見解はほぼ間違いないと思います。 ハインリヒ・アウグスト・ヴィンクラー『自由と統一への長い道』 1巻 後藤俊明、奥田隆男、中谷毅、野田昌吾訳 昭和堂、2008年 関連項目• しかしほとんどの内容はそれまで大戦中に英仏伊日など主要国が結んだ協定や条約を無効にする内容であったため、パリ講和会議ではやに無視され、ドイツに対して過酷な賠償を科すこととなった。 アメリカの参戦は大戦の戦況に決定的な影響を与え、連合国側が優勢に転じた。 1917年12月15日にブレスト=リトフスクで休戦協定(講和ではない)に調印し、東部戦線では停戦が実現した。

>

平和に関する布告

連合国は11月末、パリで対策を協議し、アメリカ(ウィルソン政権)やイギリスはソヴィエト政権を承認し、新たな戦争目的を表明することを主張したがフランス(クレマンソー)、イタリアが強く反対し、結局、連合国としてはソヴィエト政権を承認せず、「平和についての布告」と秘密条約の破棄には無視の態度となった。 ただ、無賠償というのも実教出版などやたの用語集には残っている。 オスマン帝国支配下の民族の自治の保障• ご了承ください。 国際平和機構の設立 以上の内、 1 ~ 4 は 国際協調、 5 ~ 9 は国境問題の調整、 10 ~ 13 が、 14 が戦後処理の具体的提案()にあたる。 ロバート・サーヴィス 中嶋毅訳 『ロシア革命 1900-1927』 岩波書店、2005年• 秘密外交の暴露 レーニンはイギリス、フランス、アメリカが「平和に関する布告」を受け入れず、全面的な停戦に至らなかったため、ロシア帝国が関わった秘密同盟をすべて暴露した。 これはロシアで最初の普通選挙によって議員を選出し、憲法を制定することを目的としていたが、選挙の結果はボリシェヴィキは第1党になれず、議会を通じて革命的政策を実現することはできなかった。 バルカン諸国の独立の保障• 第12条: オスマン帝国支配下の民族の自治保障 統治下の諸民族の自治の保障との (、)。

>

平和に関する布告 : definition of 平和に関する布告 and synonyms of 平和に関する布告 (Japanese)

その内容は、「無賠償」・「無併合」・「」に基づく即時講和をの全交戦国に提案したものであり、新生最初の対外であった。 。 また、同じドイツ領でもアフリカ・太平洋島嶼部の植民地はB式・C式委任統治領とされ戦勝国である英仏日の事実上の植民地となった。 そして、その諸民族が自らの意思でプロレタリアートの連帯に加わることで、「世界革命」へとつなげようとしたのです。 一方、ドイツは直ちにソヴィエト政権の呼びかけに答え、停戦の交渉に入った。 (上段左:1985年8月,同右:1990年8月,中・下段:2011年12月撮影) ソ連時代、マルスの広場の北西側には、レーニン中央博物館レニングラード分館が置かれていた。

>

平和に関する布告 : definition of 平和に関する布告 and synonyms of 平和に関する布告 (Japanese)

布告の中でうたわれている内容というのは世界大戦で敗れる側に対し賠償を要求せず、領土や支配している地域の一部を求めないといった見方によっては非常に理想の高いものだったんですね。 海洋(公海)の自由• 10月革命ではここが本部になり、露暦10月26日に開かれた第2回全ロシア・ソビエト大会で「平和に関する布告」「土地に関する布告」が採択された場でもある。 イタリア国境の再調整• あわせての原則と、従来のあらゆる 秘密条約を廃棄し、秘密外交を否定することを声明した。 関税障壁の撤廃(平等な通商関係の樹立)• ウィルソンの十四ヵ条 一方、ドイツは直ちにソヴィエト政権の呼びかけに答え、停戦の交渉に入った。 また布告が提案されたこの全ロシアソヴィエト会議では国家間で結ばれていた秘密の条約を無かったこととし、秘密外交をしないようにすることも主張されました。 これは同時に帝国と言う資本家に抑圧され、搾取されてきた労働者階級である諸民族の解放を意味しました。

>

十四か条の平和原則

例えば、レーニンは抑圧民族(ロシア)による被抑圧民族の強制的な併呑に反対し、言語や宗教政策も比較的寛容なものでしたが、その裏には、少数民族に民族自決権を与えれば彼らはそれを行使しないだろうという期待や法的押しつけさえをやめれば自然にロシア語が普及し、共通語になるだろうという想定があったそうです。 1917年11月8日、レーニンが全ロシア=ソヴィエト会議で提案し、承認された「平和についての布告」。 軍備縮小• この平和に関する布告は、に「世界に貴重な原則を示した」と称えられ、当時のドイツ、オーストリア・ハンガリーの労働者だけではなく、 諸外国の民衆やの被圧迫民族解放理論に多大な影響を与えた。 内容 [ ] 「十四か条」の各項目は以下の通りである。 オスマン帝国領においてはが自力で独立を達成したのを唯一の例外に、その他の中近東地域は英仏の(A式が適用され近い将来に独立するものとされた)となった。 第6条: ロシアからの撤兵とロシアの自由選択• オスマン帝国領の分割に関する秘密協定であったもこのとき暴露された。

>

Wikizero

アメリカの参戦は大戦の戦況に決定的な影響を与え、連合国側が優勢に転じた。 指導者が代わったから方針が変わったということなのかもしれませんが、立派な理想の背後で実際に何が行われることになるかきちんと見極めなければ、まんまと騙されることになってしまう、なんていうこともありますから本当に気を付けなければいけません。 のフランスへの返還• 参考文献• また、ソヴィエト政権のドイツとの単独講和に対しても、イギリスとフランスは12月に英仏秘密協定を結んで、対ドイツ戦を維持するために干渉することで合意した。 マルクス主義というのは世の中の設備や工場といった資本を社会のものとして、個人所有を許さず、社会全体が協力し合う階級の無い世の中を目指すという思想です。 また、ソヴィエト政権のドイツとの単独講和に対しても、イギリスとフランスは12月に英仏秘密協定を結んで、対ドイツ戦を維持するために干渉することで合意した。 オーストリア=ハンガリー帝国内の民族自治• 秘密外交の廃止や関税障壁の撤廃、軍備の縮小、植民地に対する公正な対応、ロシアからの撤兵、ロシア国民の政治体制選択の自由、国際平和機構の設立、欧州、トルコに関する独立、民族自治、国境に関する提案などが盛り込まれました。

>

十四カ条/14ヵ条の原則

第14条: 国際平和機構()の設立 影響 [ ] 「十四か条」のうち、第14条はの第1章「国際連盟憲章」として条文に盛り込まれ設立という形で結実した。 レーニンの「平和に関する布告」はそのきっかけとなった点で評価されるべきであるが、現実にはレーニンの後継者自身がその原則を無視、あるいはねじ曲げ、やで秘密協定をつけ加えていた。 1917年4月にウィルソン大統領は議会の同意を得てアメリカの第一次世界大戦参戦に踏み切って、連合国(協商国)側の一員となった。 参考文献 [ ]• 特に独立が出来ていない民族の人たちや世界大戦で劣勢に立っている国の人たちの中でそう感じた人たちは多かったのかもしれません。 五について 御指摘の行為は、大日本帝国及「ソヴィエト」社会主義共和国連邦間中立条約(昭和十六年条約第六号)に違反した行為であると認識している。

>