テネット ネタバレ。 映画【TENET /

『TENET テネット』評価は?ネタバレ感想考察/伏線を解説!黒幕やニールの正体と結末は?

今、ふたたびの空港へ の空港から再び順行の世界に戻ろうとする。 アルゴリズムの準備をする兵士に邪魔されるが、赤い紐飾りの持ち主が解錠(詳細は後述)してくれたおかげで、アルゴリズムを埋めるのを阻止できます。 Video: 世界の見方を変えないといけない 時空を飛び越えて過去や未来にワープしてみせる映画はすでにおなじみですが、『TENET テネット』は過去や未来に飛びつつ、そこから時間を 過去の方向へ逆行していくところが一線を画しています。 セイターがスタルスク12で見た契約書は未来のもの セイターの回想シーンで、 若い頃の回収で発見した契約書は、未来からのもの。 『TENET テネット』の中の逆行する人・物たち 以下、 作中の具体的なシーンのネタバレがありますので、特にご注意ください。 この辺までは、私たちがよく知っている古典的な時間イメージです。 ======ここから順行====== 7. さて、ここでニールは戦っている相手の顔を見て戦うのをやめ、さらに主人公が相手を殺そうとするのを止めます。

>

難解映画【TENET テネット】攻略

そうした考えを持つ未来人がセイターを通じて過去に隠されたを起動させ、世界の時間を逆行させ、過去を滅ぼそうとしているのだ。 セイター自身は未来人と関わりを続けたことが被曝と癌という結果につながったと思っているが、未来人が彼を選んだことを考えれば、それがなかったとしてもセイターは 遅かれ早かれ病気になり自殺を選んでいた、と考えられる。 2)タリンのフリーポート。 彼は悪い人間ではなく、戦争を回避するために動いていますが、ストーリー全貌を計画した黒幕ということになります。 彼は世界を股にかけて活躍するCIAのスパイでしたが、今作冒頭のオペラハウス襲撃事件で敵に捕まり拷問の末自殺を測ります。

>

【ネタバレ注意】『TENET テネット』解説&考察:迷子にならないためには|シネマトゥデイ

キャットの命を救うため、 回転扉をくぐり青の部屋へ入ると、時間が逆行します。 ちょっと違うけど『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でビフが年鑑を手に入れて過去を変えちゃったのと似てます。 未来の人は何がしたかったの? セイターは未来のTENETの対立組織と取引して、パーツを爆発してを発動させ、現世界を消滅・逆光させようとしたのは、なぜでしょう? セイターがさらっと説明していただけで、わかりにくかったと思うので解説します。 0625rem solid ff3a30;padding-top:. セイターは去ったが、撃たれたキャットは死にそうだった。 『インセプション』 2010年 の廊下が回るシーンは、回転するセットを組んで撮影しています。 その 「TENET」は、古代ヨーロッパから伝わるラテン語の回文スクエア(前後から読める。 普通の格闘シーンのようで、ガスマスクの男は逆行、つまり逆再生している動きなので歪な動きや通常の物理法則ではない動きをしているんですよね。

>

【ネタバレ注意】『TENET テネット』解説&考察:迷子にならないためには|シネマトゥデイ

しかも主人公はその車に物体を投げ入れたので、 回転扉出てすぐ取りに行けば、物体は主人公の物だったという皮肉。 しかし物体を持ち出す前に、ベトナム旅行中の未来キャットが早まってセイターを殺害。 テナン警察からプルトニウムを強奪したものの、セイター(逆行)がキャットを人質に取った為、止むを得ずプルトニウム241の空箱をセイターに渡し、中身のプルトニウム241. 飛行機を空港に突っ込ませます。 主人公はプリヤに「テネット」のことを知ってしまったキャットを殺さないよう頼んでいましたが、新たな現在に戻ったキャットは、彼に身の危険を感じると連絡します。 パーツを集め数値化すると人類が滅亡の危機に瀕するため、開発者はそれらをプロトニウムに偽装し核施設に隠していた。

>

『TENET テネット』エンディングで全てがつながるストーリーを徹底解説【ネタバレあり】

しかしそれは214でなく、時間逆行パーツだった。 その記録を聞いた名もなき男は、時間を逆行してキャットを襲う前にプリヤを暗殺した。 ちなみに 途中まで本作のタイトルは「メリーゴーランド」だったそうで、この回文を見つけた人は本当に偉い。 主人公はプリヤから、TENETについての情報と、国家諜報局のマイケルや武器商人のイ・セイターについて聞き出した。 扉を開けられず、 名もなき男は何もできないでいます。

>

映画『TENET テネット』あらすじ・キャスト・予備知識!ネタバレ考察もまとめて紹介

撮影でキャストやスタッフも意味不明で気が狂いそうになったのではないでしょうか? そもそも科学的に正しいかも検証できません TENETは 時系列がバックしていく難解な『』に、さらに逆再生のアクションを加えた感じ。 中には自分に充てた未来からの契約書。 ニールは、時間軸で未来から過去に遡り、スタルスク12の鍵を開けて死んでいく運命なのだ。 しかし彼女は我慢の限界を迎え、スタルスク12での作戦成功の連絡が入る前にセイターを殺してしまいます。 この映画で最も難解なのが【順行と逆行が入り混じるカーチェイスシーン】と【敵・味方・順行・逆行が入り混じり、時に入れ替わりが起こる終盤の戦争シーン】の二つなので、そこさえぼんやりとでも理解しておけば、全体を把握するのはそう難しくないと思います。

>

TENET テネット驚きの事実解説・考察/あらすじネタバレ!黒幕やセイター,ニールの正体深掘り!登場人物・キャスト

まず冒頭、本編ちょい見せ映像でも見た「オペラ劇場」のシーンから『テネット』スタート。 船でオスロ港、その後オスロ空港まで逆行。 このシーンは一番、レーザーGTの威力が発揮されるシーンでもあった。 で主人公は、過去の自分と戦うハメになった。 というのも彼女が大きな動きを見せるのは基本的に順行の時なんですね。 もはや、詳しく解説するには物理学の知識が必要でしょう。

>