日向 あずみ。 日向あずみ

日向あずみが引退した理由ってなんですか?大きい怪我もないし、結婚もして...

正調のもののほか、ロコモーション式、トップロープからのスパイダージャーマンも使用する。 次はどんな夢を見よう!? いや、どんな夢見せよう!? アンタがやってきたことの方向性は何ひとつ間違っていなかった。 表彰式の写真が「」誌の表紙を飾った。 8月12日、8月13日、東京・で2日間に渡って行なわれた全日本女子プロレスの「ディスカバー・ニューヒロイン・タッグトーナメント」に当時のJWPのエース、とのチームで出場。 12月31日、NEO女子プロレス最終興行に来場。

>

日向あずみ直伝のつり天井固めの使い手勝愛実がセクハラ事件に激怒!

昨日の後楽園ホールから来年7月25日の両国大会のチケット先行発売を開始。 10月17日から行なわれたJWP認定無差別級王者決定トーナメントの決勝戦で、を下して第9代の無差別級王者に返り咲く。 現役時代に使用した青のリングコスチュームは引退後にデビューした後輩のに譲渡された。 5月18日、東京・での主催「第1回」に出場。 1月15日、千葉・で、デビュー後の初勝利を同期のから挙げる。 6月10日、東京・東京キネマ倶楽部でをフォールし無差別級選手権を防衛。 JWP無差別級王座こそ春山香代子に奪われたが、いまだに団体の顔とも言える存在であり、引退は団体にとって影響が大きい。

>

日向あずみが引退した理由ってなんですか?大きい怪我もないし、結婚もして...

プロレスを知らない人たちにも、たくさんの人に伝えていきたい。 12月23日、後楽園ホール大会で、JWP王者米山と、かつて自身も三冠統一をかけて対戦したNEO二冠王者田村欣子との三冠統一戦の立会人を務めた。 挑戦者決定リーグ戦を勝ち上がってきた春山香代子を相手にし、JWP認定無差別級選手権の防衛戦を行うも、激戦の結果敗れ王座転落。 春山とはやらないといけないと思ってました。 里村は負傷し、長期欠場となった。 12月23日、東京・後楽園ホールにて(宮口知子)の挑戦を受けての4度目の防衛戦。

>

日向あずみ

勝は大会終了後に今回の事件について口を開いた。 2月24日、東京・上野店にてJWP認定無差別級王座挑戦者決定トーナメント決勝戦でデビル雅美と闘いフォール勝ち。 まだまだ先を見ていますから」と新年への意欲を改めて宣言した。 人物 [ ] レスリングセンスが素晴らしく天才との評価を受けることも多いが、独特ののんびりした口調もファンに不思議な人気がある。 でも新日本にはなくてDDTにしかないものもあった。 11月3日、新木場大会で行われたJWP認定無差別級選手権・米山香織vsチェリーにて、立会人を務めた。 2月11日、東京・後楽園ホールで&のJWP認定タッグ王座に挑戦。

>

日向あずみ引退&DDT09年最終興行

今年に入り、4・12同所で春山の王座に挑戦したことに関しては「春山に獲られた時にヒザをやってしまって。 所属 [ ]• 12月7日、京都・において宮口知子とのタッグで、&福岡晶の保持していたに挑戦するも、自身がデビルにフォールされ敗れる。 引退セレモニーでは師匠キューティー鈴木や先に引退した同期の美咲華菜らOGも来場した。 戴冠4度、通算防衛15度は歴代1位。 11月27日、初参戦。 なお、「卒業マッチ」と題されたこの試合で、高校の制服姿の阿部はともかく、日向はなぜか女性警察官の格好であった。 ベルトを巻いて頂いてもよろしいでしょうか…?」と、2009年に引退したJWPOGの日向あずみさんをリングに招きベルトを腰に巻いてもらうと感無量の表情。

>

日向あずみ直伝のつり天井固めの使い手勝愛実がセクハラ事件に激怒!

JWPは主力選手の引退や離脱が相次いで2000年11月から3ヵ月間、活動休止を余儀なくされた。 来年も両国をやるけど、それは通過点。 一時は所属選手が5人だけになったこともあった。 ダイビング・延髄ニー• コマンド・ボリショイ、カルロス天野と組み、6人タッグ出場。 区切りがいいと思いました」と説明。

>

一日に二度JWP無差別級のベルトを防衛した木村響子を日向あずみさんと春山香代子さんが祝福

「WE ALL FALL DOWN」() 登場メディア [ ]• 大人げない人たちが集まったDDTは疲れを知らない子供のように休まずに動き続ける! 投稿日: 作成者. 引退試合は日向&コマンド・ボリショイvs春山香代子&米山香織というJWP生え抜きによるタッグマッチ。 中島安里紗とのタッグで里村明衣子&と対戦し、ランニング・ニーアタックで里村をフォール。 第5代• 現役時代はに所属していた。 得意技 [ ]• 試合ではヒザを使ったスピードのある攻撃の方に目を奪われがちだが、実は相手の攻めを受けることが先行するタイプである。 日向の第2の人生にエールを送ると共に、今後のJWPにも期待したい。

>