今日 の 内閣 支持 率。 内閣支持率下落 野党、新型コロナの首相指導力を批判

内閣支持急落に政府が危機感 GoTo批判、与党にも:時事ドットコム

立憲民主党幹部は「Go Toを含むコロナ対策と疑惑で政府・与党への不信が広がった」と断じ、共産党の書記局長は会見で「首相がコロナ対応で迷走する姿に国民が失望している」と語った。 これで世論が納得すると考えているとすれば、首相の認識は甘過ぎる。 少なくとも選挙で負ければ、退陣論が高まるのではないかとしている。 世論調査によると、回答者の54%が政府の動きを支持し、29%が反対している。 支持しない理由では、「政策に期待が持てないから」が36%、「人柄が信頼できないから」が26%、「支持する政党の内閣でないから」が14%、「実行力がないから」が13%、「他の内閣の方が良さそうだから」が6%となりました。

>

菅内閣支持微減48.3% 学術会議「説明不足」6割超―時事世論調査:時事ドットコム

安倍氏の国会招致を要求する回答が60・5%を占め、57・4%が政府に再調査を求めているのも当然である。 このままでは、どんどん支持率が落ち込むといい、菅首相では選挙は戦えないと党内の声が高まれば、早期退陣の可能性もないとは言えないという。 自民党の二階俊博幹事長は記者会見で「支持率低下はうれしいことではないが、一喜一憂しないで現下の情勢に真剣に取り組んでいきたい」と述べた。 サンプル数よりもバラツキが必要です。 法律の改正案は12月10日に参議院で承認された。 対象は毎日、朝日、… (2017年4月12日 17:51)• 調査の対象となったのは、2075人で、58%にあたる1195人から回答を得ました。 偏向報道(NHK岩田記者の安倍政権擁護の解説などが典型)を始めとした「アベポチ」の垂れ流しばかりでは、多くの国民が騙されてしまうことも考えられます。

>

菅内閣支持微減48.3% 学術会議「説明不足」6割超―時事世論調査:時事ドットコム

自民党のある閣僚経験者は首相の4日の会見に触れ、「コロナ対策について説明すべきことを説明していない」と批判。 この国の将来ビジョンも明確にし、収入が月3万円増えるような経済にするといった政策を打ち出すなど、首相としての発信力を付けないといけないと思いますね」 (J-CASTニュース編集部 野口博之). 支持しない理由(同)は「期待が持てない」9.6%、「首相を信頼できない」7.7%、「リーダーシップが無い」5.2%の順。 前首相の「政治とカネ」を巡る疑惑解明に消極的な姿勢も、政治不信を招いていると厳しく受け止めるべきだ。 かねてより『こんなに問題満載で(モリ・カケ問題など)逃げまくっている政党、および内閣総理大臣の支持率がどうしてこんなに高いのか?』と不思議に思っていました。 政府は引けない」とも語った。 支持率… (2017年07月23日 16:30)•。

>

菅内閣の支持率、指導力不足で下降線

有効回収率は63.4%。 公明党関係者も「政府が旅行を奨励すれば国民は緩む」と感染状況悪化との因果関係を認めた。 いずれにしても様々な問題が山積したままで解決しようとせず、新型コロナウイルス対策もまともにできない政府なんて要りませんね。 学術会議問題が支持率下落に影響したとみられる。 この数週間、報道各社の世論調査が相次いだ。

>

昨日の内閣支持率

自衛隊の看護師は、災害が起こったときに必要ですので、事前に看護師を用意できるようにしておくべきでした。 政治資金規正法などの違反が疑われる前首相の「桜を見る会」問題と元農林水産相の金銭授受疑惑が立て続けに表面化したことから、「支持率はどんどん下がるだろう」と漏らした。 毎日新聞の21、22両日の全国世論調査で安倍内閣の支持率は続落した。 安倍内閣の支持率が、報道各社による12月実施の世論調査で軒並み低下し、不支持率が支持率を上回る調査結果も出始めている。 記事No. 以下、公明党2.6%、日本維新の会1.7%、共産党1.5%、社民党0.3%、れいわ新選組0.3%、国民民主党0.2%、NHKから国民を守る党0.2%で、「支持政党なし」は61.0%だった。 このブログでは、あまり国政については言及してきませんでしたが、今のように、暮らしに直結するとなると話は別です。

>

「今日の内閣支持率」をご存じですか?

これに関しては、ある調査会社のHPでは、母集団100万人に対して必要なサンプル数は384人だそうです。 報道各社の世論調査で菅義偉内閣の支持率が急落している。 貴Blogには初めてコメントさせていただきます。 政治評論家の有馬晴海さんは、J-CASTニュースの取材に対し、こんな見方を示した。 安倍晋三首相が主催する「桜を見る会」を巡… (2019年12月24日 19:43)• 不支持率は32・8%と13・6ポイント上昇している。

>