東北 地方 太平洋 沖 地震。 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震に伴う地殻変動と震源断層モデル

東日本大震災と東北地方太平洋沖地震

では、津波が河口から約50 km上流の地点まで遡上したことが河川水位の記録データから判明した。 養護老人ホーム「梅香園」と併設するケアハウスで82人が犠牲に、常磐山元の送迎バス5台が津波に飲まれ、教習生と教官の39人が犠牲になる など700人弱が犠牲となった。 データフォーマットについては、をご覧下さい。 また、減衰しにくいによって名古屋、大阪など遠方でも揺れを観測し建物が損壊した。 2011年4月13日、の当地震の緊急報告会 で、教授のは、江戸時代に整備された宿場町が、今回の地震で津波被害を受けていないことを指摘。 38 cm : 石巻市大字寄磯浜• この額は、被害が大きかった岩手・宮城・福島の3のの合計に匹敵する(では1県の県内総生産の半分ほどであった)。

>

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震に伴う地殻変動と震源断層モデル

気象庁はこれが「前震だった可能性がある」としている。 全国の地震活動の概要と地震に関する基礎知識、そして、日本を北海道、東北、関東、中部、近畿、中国・四国及び九州・沖縄に区分し、その地方の地震活動の概要をはじめ、その地域に被害を及ぼす地震のタイプ、これまでに発生した主な被害地震の概要、都道府県別(北海道は地域別)の特徴について書かれています。 余震・誘発地震活動 [ ] 主な余震・誘発地震の記録については「」を、余震・誘発地震活動の解説については「」を参照 余震 [ ] 余震の多発 [ ] 余震活動は極めて活発で 、本震から1時間足らずの間にM7以上の強い地震が立て続けに3回発生した。 私立学校関係の被害は、3市町16校(園)に及び、その被害額は約9,000万円であった。 。 野蒜地区は、東側の仙台湾(石巻湾)から押し寄せた津波が内陸2キロメートル弱を横断し、西側の松島湾に流れ込んだ。

>

2011年日本東北地方太平洋近海地震

津波は関東地方の太平洋岸でも被害をもたらしたほか、を中心に世界の海岸に達した。 (注2)上記の対象地域については、今後被災の状況を踏まえて見直ししていくこととしています。 (青森県) 建造物 [ ] 警察庁は2019年12月10日現在、全壊12万1991戸、半壊28万2902戸、全半焼297戸、床上浸水1628戸、床下浸水1万0076戸、一部破損73万0251戸の被害が出たと発表している。 白い破線はオホーツクプレート内のモホ面(地殻とマントルの境界面。 一連の余震は、岩手県沖から茨城県沖までの幅約200 km、長さ約500 kmの範囲を震源としている。 震源域の中で強い地震波を放出した点(破壊が大きいところ、セントロイド)は大きく震源の東側付近と茨城県沖の2つに分かれており 、連動型地震特有の長く複雑な破壊過程を経た。

>

超巨大地震(東北地方太平洋沖型)

地震の揺れ自体でも福島県は被害が大きく、犠牲者数ももっとも多かった。 在美國發出警告後,、、、、等地均观测到大小不等的海嘯。 一方東北太平洋岸では、により浸水被害が長期的に続いている。 [ ] 詳細は「」を参照 地震直後、管内では、青森県・岩手県・秋田県の全域、山形県・宮城県のほぼ全域、福島県の一部で合わせて440万戸、東京電力管内では茨城県全域などの404万6千戸がした。 超巨大地震(東北地方太平洋沖型)は過去3,000年間に5回発生しています。 超巨大地震であったこと Mw9. 菅直人要求万全应对此次地震,并命令防卫大臣派自卫队进行救援。 また、青森県・岩手県・宮城県・福島県・茨城県で郵便物の配達が困難になり、北海道・東北6県・茨城県を差出元・差出先とするの引き受けを中止した [ ]。

>

東北地方太平洋沖地震前・後の東日本の地殻変動の変化とGPSデータから推定される固着域

各県にいる避難者は、福島9322人、宮城2083人、岩手3666人。 それによると、最大は宮城県の11. 南東の風が長時間続き、高濃度の放射性物質が流れ込んでいる所に、不運なことに17時頃から県内各地で雨(雪)が降り始めたため、放射性物質は地面に落ちて土壌に沈着した。 は沖合が震源域となり、そのうえの弱い地盤も重なって、宮城県や福島県とともに広範囲で激震を観測した。 記 今般の地震及び関連する津波等による被災地の患者に対する処方箋医薬品の取扱いについては、平成17年3月30日付薬食発第0330016号厚生労働省医薬食品局通知「処方せん医薬品等の取扱いについて」の1(2)? 文部科学省の地震調査委員会()は、「」の領域で発生すると予測されていた津波地震の想定Mt(津波マグニチュード)を従来の8. また、地震波トモグラフィー法を使って、地球内部におけるP波(あるいはS波)速度の3次元分布を推定でき、得られた結果は3次元P波(あるいはS波)速度構造と言います。 や宗教家は震災直後から被災者への支援に乗り出しており、金銭・物資の提供、によるボランティア、宗教施設の避難所としての開放などが続けられた。

>

東日本大震災と東北地方太平洋沖地震

各メディアは報道番組などで独自の名称を使用していたところもあり、東北関東大震災(とうほくかんとうだいしんさい)や東日本巨大地震(ひがしにほんきょだいじしん)などもあった。 また、延焼しているがれきが海上を漂流し、対岸や離れた場所にも拡大した。 已確認有10人死亡。 歴史的建造物への被害も多く佐原(震度6)にある旧宅 、歴史的建造物が並ぶの護岸が一部崩れ、正文堂書店の屋根瓦が落ちる被害 、旭市の大原幽学遺跡旧宅で敷地の地割れや地盤沈下、のは漆喰に亀裂が入り、のでは法華堂の天蓋の飾りの一部が落ちる被害が発生した。 この地震によると推定される津波堆積物は、従来、宮城県から福島県北部の広範囲で発見されていましたが、近年の調査から岩手県沿岸でも発見されています。 9です. なお,本結果は地震直後には利用できなかった東北地方太平洋沿岸の電子基準点データについても,通信復旧や現地でのデータ回収を行って分析に用いました.また,地殻変動データについても高精度な最終解 F3 に基づいて詳細な分析を行い,2011年3月13日に公開したを更新したものです. 陸上のGPSデータから推定した地震時と地震後のすべり分布については,以下の論文が出版されました. Ozawa, S. 最大の余震は同日15時15分に発生したM7.6の地震で、M6.0以上の余震が127回発生しています(平成30年12月31日現在)。 しかし実際には地震があまりに巨大だったため、地震発生から約1時間14分後(16時)に発表された暫定値の気象庁マグニチュード8. そのため、被害想定でもM8前後の海溝型地震までしか想定されていなかった。

>

東日本大震災と東北地方太平洋沖地震

(茨城県)• 「大震災」だけではなく、「大地震」や「」も震災を指して使われていた。 11」という記述(読みは さんてんいちいち、もしくは さんいちいち)も、メディアではしばしば見られる。 この中には、1. 同市によると、住宅と住宅以外の建築物の被害は少なくとも198棟。 勝俣啓 2011 は、気象庁の一元化震源カタログを用いて1965年から2010年までのM4. これ以降、地震そのものを指す「東北地方太平洋沖地震」と、それによってもたらされた災害を指す「東日本大震災」という二つの用語ができた。 (本震前と約3週間後の3月28日 - 29日の比較、GPS観測、4月6日発表 )• 沈降分をかさ上げして復興したため、漁業者は高すぎる岸壁に困っている。

>