レイモン ルフェーブル。 楽天ブックス: <プラチナム・ベスト>::レイモン・ルフェーブル

レイモン・ルフェーヴルの世界 CD全10巻

明日に架ける橋• 大いなる山 北海道シンフォニー第1部• 虹色の翼• その後、「ミュジコラマ」「パルマレス・デ・シャンソン」などフランスの人気音楽番組や「」などで指揮者を歴任。 作曲は。 静けき森 北海道シンフォニー第2部• マリパンスの想い出• ステージを退いて以降は、次男のジャン=ミッシェル・ルフェーヴルが指揮者となって、、、に来日公演を開催している。 出典:• バラ色の心• 愛のシャリオ• この胸のときめきを• 聞かせてよ愛の言葉を 第3巻 フレンチ・ポップスのスターたち 20年に渡りTV音楽番組で数多くのアーティストと共演してきたレイモン・ルフェーヴル。 公演概要およびライブ・レコーディング [ ]• グッデイ・グッタイム• しのび逢い• 1968年発表の「バラ色の心」「シバの女王」が大ヒットし、ポール・モーリアと並ぶイージーリスニング界の第一人者になった。

>

レイモン・ルフェーヴル・グランド・オーケストラ『レイモン・ルフェーヴル◎ハイレゾ・ベスト』のアルバムページ|2000745288|レコチョク

カトリーヌ• ライムライト• 『 カデ・ルーセル』 Cadet Rousselle - ルフェーヴル自身による作曲。 愛の詩 『ビリティス』• 夜のメロディ• フィーリング• また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 雪の降る街を• ビリー・ジーン• イエスタデイ• フランス 1929~2008 フランス北部のカレー生まれ。 平和への祈り• 愛遙かに• エボニー・アンド・アイボリー• 親日家としても有名で1972年の初来日以来、幾度も日本でコンサートをおこないファンを楽しませてくれた。 エマニエル夫人• まずはオープニングとしておなじみ、「カデ・ルーセル」からはじめましょう。 この盤は1969年の発売という。

>

レイモン・ルフェーブル

アルビノーニのアダージョ• ルフェーヴル自身による作曲。 あこがれの女• 家路(「新世界より」)• 日本公演は、に初来日して以降、11度に亘って開催され、その間の7公演でライヴ・アルバムが制作されている。 大空に踊る• サマータイム(愛の歴史)• 季節の中で• そして今は• バラは憧れ• その夜に、NHKラジオ深夜便で放送されたのが、02時台の「ロマンチックコンサート リラックス・サウンズ~レイモン・ルフェーブル集」だった。 シングルチャートに110週に渡って100位以内にランクイン、同期間のみで約32万枚を越えるレコードセールスを記録している。 ストリングスが美しい。

>

楽天ブックス: <プラチナム・ベスト>::レイモン・ルフェーブル

レイモン・ルフェーブルも2008年に亡くなったという。 あまい囁き• 雪が降る• 不思議な夜• 『 愛の歴史 ミスター・サマータイム 』 Une Belle Histoire• 炎の恋• キングレコードから発売された時期には『レーモン・ルフェーヴル』と表記された。 行かないで• カデ・ルーセル• スター・ウォーズ• 裸足のイサドラ• オリーブの首飾り• 想い出のラスト・キッス NHK-FM『日曜喫茶室』テーマ曲• 『 哀しみの終わりに 去りゆく夏 』 La Maison Est En Ruine• 恋はみずいろ• FM番組のテーマ曲から日本の伝統曲、さらには人気の流行歌まで、素晴らしい演奏をたくさん残してくれました。 しかしこれらの楽団も皆トシを取って、ほとんどの方が亡くなってしまっている。 パリのめぐり逢い• 炎の狂詩曲• ブルー・タンゴ• なお別途、払込手数料がかかります。 幻想のアリア• 雨にぬれても 『明日に向かって撃て!』• 恋のプレリュード• <レイモン・ルフェーブルの「月光のソナタ」> どれも、もう過去の音楽かも知れないが、何とも懐かしい雰囲気の音楽ではある。 ホワイト・クリスマス 『スイング・ホテル』• Les Montagnes De Hokkaido• 火祭りの踊り• パリ人の生活• シャンソンは歌詞が重要と言われますが、この巻の演奏を聴くと、歌の世界をそのまま楽器の音色で描き出す豊かな叙情性に驚かされます。

>

レーモン・ルフェーブルのアルバム作品

時の流れに• 哀しみの終わりに• 黒ネコのタンゴ• ロンドンレコードがポリドールに吸収合併されたことに伴う• フライ・ロビン・フライ• マッカーサー・パーク• ふたりの天使• 『 恋に祈りを』 Comme J'ai Toujours Envie D'Aimer - 系「」初代テーマ曲。 パリ野郎(パリ・カナイユ)• パリ音楽院でフルートとピアノを学んだ後、1956年に自身のオーケストラを設立。 スペインの瞳• 「イージーリスニング」という言葉は、もう死語なのだろうか・・・。 お届け時間帯のご指定可• 脚注 [ ]• マミー・ブルー• 男が女を愛する時• まぼろしの恋• これらの演奏はみなストリングスが美しく、オーディオの世界ではよく似合った。 発売 ライナー・ノーツ。 『 大いなる山』 、『 静けき森』 、『 スノー・カーニバル』 の3部構成で、中でも『スノー・カーニバル』は系報道番組「」の「今日のホームラン」のBGMで使用されたほか、現在まで多くのスポーツ番組などで使用されている。

>

楽天ブックス: <プラチナム・ベスト>::レイモン・ルフェーブル

愛よ永遠に• 出典:CD「レイモン・ルフェーブル New Best One」 VICP-8155。 リベルタンゴ• ソロモンの夢• フランスのポピュラー音楽の全てを知り尽くした彼だからこそ、演奏だけで曲の魅力を極限まで引き出したアレンジが可能なのです。 みつばち• 同曲のボーカル版は公募された歌詞により、女優の キング GK-265 がカバーしている。 その1シーンが目に浮かんでくる、ドラマティックな演奏。 なるほど・・・。 なおルフェーヴル版のスタジオ録音としては1967年のオリジナルの他、日本向け特別録音として アルバム『ソロモンの夢』 キング GP-470 の先行シングル 同 CM-50 B面で1977年2月5日に発表された『新・シバの女王』、ジャン・ミッシェル・ルフェーヴルの編曲による2002年版の3ヴァージョンが発表されている。 () この当時、イージーリスニングの曲を色々と聞いた。

>