ホンダ 軽 トラ 撤退。 HONDA、軽トラ事業から撤退! ハイメカだらけだった「ホンダの軽トラック」を振り返る

【なぜ?】ホンダ、軽トラックから撤退する理由とは 後継車種の予定もなし

しかし、アクティ・トラックの後継モデルは存在しません。 先代モデルなら車両本体価格20万~120万円で探すことができます。 2009年12月17日. 5AGSは基本がマニュアルトランスミッションでありながらクリープ機能がついているためATと同じ感覚で乗ることができます。 全メーカーの軽トラックに簡単に搭載できます。 また今後、 ホンダは旧プリモ店など販売店の整理縮小も進める予定らしい。 後継車は同日に発表された。

>

ホンダの軽トラック、事業撤退|時代と共に揺れ動く小型・軽トラ市場│Umbrellaly

あるホンダ関係者によると「生産終了の理由は収益性が望めないため」だといいますが、ビジネスのためとはいえホンダ4輪の原点を継承するモデルが無くなるのは残念です。 生産は、ホンダの軽スポーツ「S660」も造られる、世界でも数少ないミッドシップ専用工場「ホンダオートボディー(旧・八千代工業)四日市製作所」でおこなわれていますが、生産終了後はどのように活用されるのか、そのあたりも気になる所です。 1983年には4WDモデルも追加。 やはり相手の工場の稼働率なども考慮しなければいけない。 ちなみに既販ユーザーにとって気になるパーツ供給に関しては、「生産終了後30年はおこなう」とのことなので、アフターケアは当面の間は心配いらないようです。 荷台の高さは650cmと軽トラックの中で最も低く荷物の積み降ろしが楽。

>

もうすぐホンダのアクティ・トラックが生産終了!軽トラックから撤退する理由とは?

荷室の使いやすさはもちろん、仕事をするうえでの使い勝手も考えつくされた軽トラックとして人気の高いモデルです。 現行モデルの途中では、安全性の向上や装備の充実など改良をおこなってきましたが、そのなかでも変わり種といえば、2018年11月に登場したT360誕生55周年を記念した特別仕様車「TOWN・スピリットカラースタイル」でしょう。 (一般社団法人 全国軽自動車協会連合会データ) ライバル車の販売台数は? 対するライバルの スズキ・キャリイは2万9623台 ダイハツ・ハイゼット・トラックは4万3921台と5倍以上の台数が売れています! さらにキャリイのOEM車である 「日産NT100クリッパー」 「マツダのスクラム・トラック」 「三菱ミニキャブ・トラック」 の3車種でプラス7914台 ハイゼットのOEMである 「トヨタ・ピクシス・トラック」 「スバル・サンバートラック」 の2車種で5307台とその差は開くばかりです・・・ 一方のホンダは他メーカーにOEM供給をしておらず、他社と同等の台数を自社でさばくというのはに難しい状況にあり、今回の決断は自動車メーカーとしては致し方のないところだったんでしょうね。 そして、前述のとおりホンダのアクティトラックが撤退すると、残るはスズキ「キャリイ」、ダイハツ「ハイゼット」の2車種とそのOEM車しかありません。 そもそもアクティ・トラックはどのくらい売れているのだろう? アクティ・トラック、どのくらい売れている? では実際に現在アクティ・トラックがどのくらい売れているのか振り返ってみたい。

>

ホンダが軽トラ40年超の歴史に幕 軽販売好調もトラックは2021年に生産終了で撤退へ(くるまのニュース)

それとも、日本の自動車税制に反発するために軽自動車規格をなくす事を考えているでしょうか。 エンジンはすべてPGM-FI化され、38PSから46PSに向上した。 ホンダ「アクティ・トラック」(写真は特別仕様車 TOWN・スピリットカラースタイル) ほかの軽トラックと同じくキャブオーバータイプを採用していますが、初代から続く「アンダーフロアミッドシップレイアウト(空荷でも走りが安定して静か)」、「荷台までフレーム一体のモノコック構造(安全性を確保)」、「ストラット/ド・ディオン式のサスペンション(積載時も安定した走り)」と、自社開発をおこなっていた時代のスバル「サンバー」とともに独自設計が特徴のモデルです。 しかし、N-VANのベースは同時期に13万台以上を販売した大人気車種のN-BOXであり、開発費の回収は思った以上に容易と思われる。 マツダやスバルは軽自動車は薄利多売で商売にならないと撤退したままですが。

>

ホンダが「軽トラ生産中止」を決断した理由

2001年9月 バンを一部改良。 ホンダによると、アクティ・トラックの購入動機や利用した感想として「タフネス(頑丈さ・耐久性・走破性)」を挙げる販売店関係者やユーザーが多いという。 そのため今後の ラインナップが「N-BOXとN-VANのみ」など大胆に縮小統合されていく可能性は高いとカーギークでは予想してみる。 フルキャブへの回帰は前出の農林業従事者からの要望の他、終売が決まっていたサンバートラックのユーザーの代替需要を狙ったと言われている。 こんにちは。

>

ホンダの軽トラック、事業撤退|時代と共に揺れ動く小型・軽トラ市場│Umbrellaly

競合他社の車種(や)に比べ先進装備も少なく、機構も旧態依然としたものだったため販売不振に陥り、バンは3代目をもって消滅、トラックも「次期型への開発予算を賄えない」としてに生産を終了する予定となっている。 バン「SDX」に電波式キーレスエントリーがオプション設定され、トラック「TOWN」にエアコンが標準装備される。 これがマンパワーのムダ使いと解説するのはマガジンX。 8月 オーナードライバー向けに、装備を充実させたトラック専用グレード「タウン」が追加される。 はトラックと共通である。 軽規格の拡大に伴い、全長の延長(100mm)・排気量の拡大(660cc)が行われ、エンジン出力が38PSに向上した。 発売時の東京地区標準現金価格は「スタンダード」で53万3,000円。

>