上 州 屋 東陽 町。 賀茂郡

敷香町

親株(おやかぶ)• 大正 8 年、帰国して植村澄三郎の協力により、オリエンタル写真工業(現・サイバーグラフィックス) を創立し、取締役技師長となる。 領主から免除の特権を与えられた土地。 おんせんキャンプ Shima Blue【中之条町】 上州牛の格別なサーロインを絶妙なミディアムレアで。 新刊発売中! 東陽弁天町アーケード街 現在の東陽1丁目商店街。 しばらくして渡米を決意しに入る。 ほどよい塩気と芳醇な熟成香、甘くとろける油脂が口に広がる。

>

甲州屋

藻知矢(もちや)• () - 天領が の管轄となる。 他に浅苅新田・祖師新田があったが記載なし。 写真はイメージです。 「小幡氏歴代法名録によると「上野国国峰宮崎両城の主 十五(代)小幡上総介信真 天正廿壬辰年十一月廿一日於信州卒 葬於同州小県郡別所福山安楽禅寺」とあり、国峰城を追われた小幡信真がその後信州において没したことが知られる。 歴代郡長 代 氏名 就任年月日 退任年月日 備考 1 吉松集躬 明治12年(1879年)1月4日 2 明治15年(1882年)6月 3 明治16年(1883年)11月 4 明治16年(1883年)12月 5 中島精一 明治19年(1886年)8月 再任 6 明治23年(1890年)5月 7 粟谷平一 明治25年(1892年)3月 8 大塚広 明治31年(1898年)6月 9 宮沢宗三郎 明治34年(1901年)7月 10 島内藹 明治38年(1905年)5月 11 明治38年(1905年)11月 12 渡部秀之丞 明治41年(1908年)12月 明治43年(1910年)9月10日 在任中に死去 13 明治43年(1910年)9月 14 乾長昭 大正3年(1914年)9月 15 大正7年(1918年)7月 16 飯尾六蔵 大正8年(1919年)10月 17 見戸浩巍 大正11年(1922年)3月 18 須藤信敬 大正12年(1923年)2月 19 石原快三 大正13年(1924年)1月 20 小林一重 大正13年(1924年)12月 大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官 脚注 [ ] []• フラビタイ• 甘楽町 国峰城 麻場城 仁井屋城 白倉城 庭屋城 群馬県甘楽町 *関連サイト *参考資料 「寶積寺史」 国峰城(甘楽町国峰字城山) 国峰城は群馬サファリパークの南側にある、比高200mほどの山を利用して築かれている。 面積180で、当時は国内第三位の広さを持つであった。 戸倉野村• 国峰城は小幡氏の城である。

>

洲崎 (東京都)

3年() - 布施村が町制施行・改称して となる。 三島(みしま)里が知られている。 現在このうちの1本が洲崎弁天の境内に移設され現存している。 明治以降 [ ] (明治20年)までに富坂(現・)に校舎が新築される計画が策定されたため、風紀上の観点から直近に存在したの移転計画が発足。 売春防止法施行後も「大賀」の屋号が建物に掲示されたまま建物が残っていた。 樺太公立中敷香第二国民学校• 03 上毛三山に囲まれ、利根川水系の豊富な水資源を持つ群馬県は日本有数の畜産王国。 亜屯二股(あとんふたまた)• 現・伊豆市• からの名刹で、現在の正式名は「洲崎神社」。

>

賀茂郡

土塁のあり方としては不自然な気もするが、1郭方向を見えにくくするためのものででもあったろうか。 半田(はんだ)• (4年) - 「樺太ノ郡町村編制ニ関スル件」(大正4年第101号)の施行により、敷香村、多来可村、遠岸村が行政区画として発足。 中津村・御厨村が合併して が発足。 幕府領• して記事の信頼性向上にご協力ください。 やが多く、また伊勢神宮領のがあるなど律令国家の祭祀との結びつきが強かったことが示唆されている。 道部村• 樺太公立気屯国民学校• 2年(768年)に全国から善行のあった9人が朝廷から褒美を得た記述があり、4人までもを信濃の国の人が占めた。 育風堂【みなかみ町】 みなかみ町の風土を活かした熟成香が際立つ生ハム。

>

甲州屋

21村• また遅くとも3年()までの間に伊豆半島西岸にが成立しているが、その際の賀茂郡との関係も定かではない。 洲崎の町名の所以となった。 大岡村が分割され、宮平村 ・根越村 ・和平村 ・川口村となる。 白石沢(しらいしざわ)• (1871年) - により藩領が 、 の管轄となる。 7月 - 小網新田村が上平村に合併。

>

上洲屋 (ジョウシュウヤ)

明治4年• 関連項目 [ ]• 妙義グリーンホテル レストラン 瑞穂の国【富岡市】 上州もち豚のトンカツでもちもち感と甘みを味わう。 にはについて・・・・・・・と、現在ではに属している麻続()が当郡に含まれていたという記述がある。 当初、信良は甘楽郡福島の地に居所を定めたが、後に新城を築くことになる。 下小野村• 姫之湯村• また、その方の話では「ここは国峰城の小幡氏の出城だったんだ」という。 - 日原村・信級村が上水内郡と合併して上水内郡が発足し、郡より離脱。

>

久世郡

(1871年) - 第1次府県統合により全域が 長野県の管轄となる。 なお「寶積寺史」には「幡氏旧領弁録抄」という史料が掲載されており、これには戦国期国峯城周辺の状況がよく描き出されている。 (2町25村)• 大正浪漫 黒船屋 TEL/0279-20-3962 住所/群馬県渋川市伊香保町伊香保20 営業時間/10時~17時(LO16時30分) 定休日/木 アクセス/電車:JR渋川駅より関越交通バス伊香保温泉行き20分、伊香保温泉より徒歩5分 車:関越道渋川伊香保ICより20分 駐車場/周辺駐車場を利用 10. の大部分(水主・奈島・市辺を除く)• 以降は地域区分名称となる。 田牛村• だいぶ埋められてしまっているのだろうか。 の一部(下白岩、上白岩、梅木、姫之湯、筏場以東)• 明治22年() - の施行により、以下の町村が発足。 1郭周囲にはかつて堀があったということであるが、現在はその大部分が埋められてしまっている。

>